はじめて競馬場に行ったらあらゆる感情が押し寄せてきた


f:id:oni-gawara:20191118133149j:image

清々しい秋晴れの週末、私たちは府中にいた。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191118133430j:plain

競馬をやりに、


f:id:oni-gawara:20191118133233j:image

府中にある東京競馬場にやって来た。

 

  

今までわたしは競馬のことをなにも知らずに生きてきた。

前々から興味はあったけど、システムから賭け方まで全部難しそうで手を出せなかった。

それに競馬場ってすごく怖そうじゃないか。

ひとりで行くには不安すぎる。 

 

f:id:oni-gawara:20191119114729j:plain


そこで今回、頼れる友人たちと一緒に競馬場へやってきたのだ。

競馬場によく来るという友人A、わたしと同じく競馬初心者の友人B。

心底安心できるメンバーだ。

今日はみんなで競馬を楽しんでみたい。

 

 

 

 

待ち合わせより少し早く着いたので、入場口の周辺をうろついてみた。

 


f:id:oni-gawara:20191118133510j:image

遊園地みたいな案内板。

見どころがたくさん書いてある。

競馬場ってこんなにアトラクションがあるのか。 

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133340j:image

今日は遊んでふれて楽しむぞ! 

看板の前で決意をみなぎらせていたら、偶然、友人Bもそこにいた。

Bも初めての競馬だ。同じく決意をみなぎらせていたに違いない。 

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133447j:image

入口前で当たりペンというものを発見。

当然、初心者のわたしたちは釘付けだ。

これで億万長者になれるじゃん!  と1秒も悩まずBは当たりペンを買った。

ちなみに今日のBの所持金は1700円だと言う。そのうち100円をここで使っていた。まだレースが始まってもいないのにヒリヒリする展開だ。

どうにかこの当たりペンで億万長者になって帰ってもらいたい。

 


f:id:oni-gawara:20191118133047j:image

私は同じお店で「当たり屋さん」という新聞を買った。

スリリングなネーミングだが、売店のおかあさんが「これの通りに馬が勝つよ」と断言していたので買った。

これの通りに馬が勝つなら買うっきゃない。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133322j:image

友人Aと合流するべく、ふたりで待ち合わせ場所へ向かう。

道中、穏やかなテラスを見かけた。

ここって本当に競馬場……? 不思議な気持ち。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133229j:image

建物のエントランスに入ると、わたしたちは驚きのあまり声を上げてしまった。

だってここってあまりにも……サンリオピューロランドじゃん!

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133407j:image

サンリオピューロランド

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191118133042j:plain

広くてきれいでシュッとしてて、イメージの競馬場とかけ離れすぎている。

これが競馬場というものなの?!  早くも競馬場の良さに震えながら下の階へ降りた。 

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133439j:image

うそ、空気が変わった……!

無機質な券売機が連なり、手前のモニターには暗号のような数字が映し出され、それを殺気立った大人たちが無言で見つめている。

兵士だ。この人たちは出陣前の兵士。これから戦いが始まろうとしている。忘れてはいけない。ここにいる全員、生死(お金)をかけているのだ。

 

浮かれてもいられないぞ……張り詰めた空気に思わず息を飲んだ。

 

 

パドック前で友人Aと合流し、そのままパドックを見学することに。


f:id:oni-gawara:20191118133125j:image

やったー! 馬だー!! いざ本物の馬を目の前にすると、ものすごく浮かれてしまいますね!

 

パドックではレース前の馬の状態を見るらしい。

馬のしっぽが元気よく持ち上がっていたり、足取りが軽いと好調とのことだ。

たしかに初心者でも分かるぐらい馬に個性があって面白い。

 

 

  

 

f:id:oni-gawara:20191118133306j:plain

それぞれ推し馬ができたところでいよいよ馬券を買う。

Aに教わりながらマークシートを塗りつぶしていく。

ちなみに入口で買った「当たりペン」と「当たり屋さん」をAに自慢したところ、

「それ買う人いるんだ」

とのことだった。買った人がここに2人もいるのに。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133356j:image

券売機。知らない機械って緊張して訳が分からなくなる。

マークシートを挿入して操作をするのだけど、エラーが出ると機械と機械の間がパカッと開いてそこからナマの係員さんが出てきて教えてくれる。

急に人間が出てくると驚いて頭が真っ白になるので、操作を間違えないようにしたい。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133416j:image

建物を出てスタンドへ。広い! 果てしない!

土地ーー! と叫びたくなる。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191118133246j:plain

背後を振り返ると、びっしり観客だらけで大変なことになっていた。

人々ーー!!

 

 

キョロキョロしているうちにファンファーレが鳴った。

競馬を知らない私でも聞き覚えのあるあのファンファーレ。

ああ! いよいよ始まる!

と思っていたら、もう走りだしていた。 

競馬って早い。馬券の発売締切もすぐだし、買えたと思ったら馬は走りだしている。うかうかしてられない。

 

f:id:oni-gawara:20191119120810j:plain

大きなモニターの中で、自分の賭けた馬が今どうなってるのか必死に探した。

今どうなってるの?! 順位は?!

そうこうしているうちに馬たちは最後の直線へ。

すると観客席から轟音が鳴りだした。人々の歓声と怒号が入り交じって嵐が巻き起こっている。すごい音だ、飲み込まれる!

 

 

f:id:oni-gawara:20191119125031j:plain


レースはあっという間に終わった。

AとBの顔を見ると、恍惚としていた。

まさか当たったのかと思ったら大ハズレだったらしい。

今どういう気持ちなのか尋ねると「気持ちいい~~!」とのことだった。負けたのに気持ちいい?!

確かにお風呂あがりみたいにホカホカの顔をしている。

競馬は負けても気持ちがいい。これは大発見だ。

 

私の買った馬券は300円が450円になって戻ってきた。

少ないけど当たってしまった。うれしい。ちなみに「当たり屋さん」に書かれていた通りに賭けていた。 私はギャンブラーとしての度胸がない。

 

 


f:id:oni-gawara:20191119170245j:image

次のレースはお酒を飲みながら芝生に座って待つことにした。

芝生、平和ですごくいい。さっきまでの興奮がウソのようだ。穏やかなお花見みたいで楽しい。今度はお弁当を持って来たい。

 

 

それから最終レースまでみっちり賭けて、Aは7000円のマイナス。

気持ちよくなりすぎたのか、サウナで交互浴した後と同じ顔になっていた。ほっかほか。

 

Bは所持金が1700円から0円になりかけ、当たりペンにキレ散らかしていたが、最終レースで巻き返して1200円に復活! 本当によかった。

 

私はマイナス1000円ぐらい。1000円でこんなに楽しく興奮できて、競馬ってお得だなと心底思った。いっぱい感動しちゃった。  

 

 

 

 

馬をおさわりしたい

 

敷地内に馬小屋があり、実際に馬と会えたり触れあえたりするらしい。

みんなでレースの合間に行ってみた。

 


f:id:oni-gawara:20191118133412j:image

いた! ナマの馬だ。部屋着みたいの着てる。かわいい。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133458j:image

まつ毛まで見える距離でうれしい。かわいい。 

 


  


f:id:oni-gawara:20191118133201j:image

そして、ドキドキしながらふれあいコーナーへ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191119122022j:plain

ミニチュアホースのラッキー号。なんて小さくて愛らしいの!

 

 

f:id:oni-gawara:20191119122018j:plain

指先から命を感じる……さっきまで猛スピードで走ってたあの生き物を今さわっている。競馬場で馬を触れるとは。これはすごいことだ。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133117j:image

命を感じ感動していたところの隣に、おもいっきり無機質な馬がいておもしろかった。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133204j:image

馬の部屋にもお邪魔させてもらった。

じゅうたんがふかふかで良いお部屋。 

 


f:id:oni-gawara:20191118133352j:image

お隣の馬と目が合った。

馬は群れで暮らす生き物なので、馬同士が見えるようにしておくと安心するらしい。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133132j:image

馬とふれあいができて、ときめきが止まらなかった。

大人しくて穏やかな顔をしてるけど、走りだしたら時速70kmも出るなんてちょっと信じられない。顔だけ見たら優しくママチャリぐらいの速さで走りそうなのに。馬ってすごいね。

 



 

UMAJOの一員になりたい

 

f:id:oni-gawara:20191119145557p:plain

https://umajo.jra.jp/

ケイバを楽しむ女性たちのことをUMAJOというらしい。

わたしも立派なUMAJOになりたいので、UMAJOが集まる「UMAJO SPOT」へ行ってみることにした。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133219j:image

入口にあったかわいいぬいぐるみ。口の位置。ニンジンの刺さり具合がたまらない。

バラもこんにゃくの花ぐらいデカくておもしろい。

 


f:id:oni-gawara:20191118133423j:image

UMAJO SPOTではカフェで休憩できたり、グッズを購入できるらしい。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133516j:image

ファンシーなグッズコーナーにわたしの中のUMAJOが騒ぎ出した。これはかわいいぞ。

 

 


f:id:oni-gawara:20191118133302j:image

イラストの馬とリアルな馬が混在しているので、不思議な気持ちにもなる。

  

 


f:id:oni-gawara:20191118133315j:image

これは巨大UMAJOせんべいと、親子の馬が混在する壁。本当にいろいろなかわいいが混ざっている。

 

  


f:id:oni-gawara:20191118133252j:image

テイクアウトで馬のロールケーキを買ってみた。恐ろしくかわいい。

ロールケーキを食べていたらとても優雅な気持ちでレースを見れた。

無事わたしもUMAJOの一員になれたに違いない。

 

 


 

f:id:oni-gawara:20191118133502j:plain

食べ物といえば、友人Aおすすめの戸松の唐揚げも食べた。

しっかりめの味付けでごつごつした衣がおいしい。お酒がすすむ。

 

かわいいロールケーキで優雅になれて、ごりごりのから揚げで酔っぱらえる。

競馬場って何者にでもなれる場所なのだな。

 

 

 

 

 

一日ありがとうございました

 

f:id:oni-gawara:20191118133318j:image

競馬場はすばらしく楽しい場所だった。全然こわくなんてなかった。

まだまだ分からないことはあるけど、また必ず行きたい。

 

まずはレース中の野次を覚えたいと思った。

まくれーーーっ!

させーーーーっ!

などを適切なポイントで叫んでみたい。あれは気持ち良さそうだ。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191118133139j:plain

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

水深8mの海中展望塔から見た海はリアルだった

 

f:id:oni-gawara:20191031143545j:plain

千葉県南東部、チーバくんでいうお尻のあたりにある勝浦へ遊びに行ってきた。

私も同じ千葉県に住んでいるが、このあたりは緑豊かで海が青くて荒々しくて、まるっきり景色が違うのでおもしろい。

今回は勝浦の良さとともに思い出を綴ってみよう思う。

 

 

 

 

 

ゆば工場のとれたてゆば

 

朝いちで訪れたのは大多喜町の「ゆば喜」。

名前のとおり、ゆば推しのお店だ。

 

f:id:oni-gawara:20191031132011j:plain

のどかな国道沿いに突然あらわれた大きな看板。朝のおぼろ豆腐みたいな空によく映えていた。

 

正直、お店に着く前は「ゆばってパッとしないよな~」と思っていたけど、この看板を見てほしい。

堂々としたゆばの看板に一気に気持ちが高まってしまった。

見せてもらいましょうか、御社自慢のゆばとやらをね。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031131943j:plain

おぎゃーっと叫びそうになった。ゆばの主張!

上質なシルクのようにきめ細かく、艶やかにそよぐゆばがすごくきれい。

 

  

 

f:id:oni-gawara:20191031131947j:plain

私が注文したのは、汲み上げゆば。

お箸でゆばを持ち上げるとずしっと重い。助けて、ゆばが大量の出汁をまとってる。

慎重にゆばをすくいあげ、静かに口へ運んだ。

歯ごたえがある。初めて経験する弾力だった。

ひと口めはスナックのようにざくっとして、ぎゅむぎゅむと噛むうちにほどけてなくなる。なんなんだこの食べ物は。

お醤油ベースのスープも出汁が効いていてかなりおいしかった。

夢中でゆばをすすった。ゆばをすするなんて初めてだ。

 

 

f:id:oni-gawara:20191031132003j:plain

サンドイッチのゆばバージョン、ゆばイッチ。

中にチーズとハム、レタスが入っているらしい。

朝食にちょうどよさそうだし買ってみよう。

 

 

f:id:oni-gawara:20191031131950j:plain

さっきゆばをすすったと思ったら、今度は立派なゆばを握っている。

すべてが初めてで戸惑ってしまう。ゆば、君って一体なんなんだ。

(ゆばイッチはさっぱりしていておいしかった)

 

 

どんどんゆばのことが分からなくなってきた。

そういえばお店の看板に「工場見学」と書いてあったのを思い出した。

ゆばを知るために見ておかない手はない。

お店の人に聞くと、壁にカーテンがかかった小さな窓があり、そこから工場の様子が見えるらしい。

言われた通りカーテンをめくってみると……

 

 

f:id:oni-gawara:20191031152313j:plain

ずらりと並んだお鍋の迫力に息を飲んだ。圧倒的スケール。

そうか、豆乳の表面からたった一枚しかとれないとなると、こういうスケールになってくるのか。

 

 

f:id:oni-gawara:20191031131958j:plain

従業員のかたが慣れた手つきで端から順番にお鍋に箸を入れていく。

ホカホカのゆばが産声をあげる。私たちはゆばの新生児室を食い入るように見守った。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031131004g:plain

見事な箸さばきに惚れ惚れしちゃう。

 

沸かした豆乳の表面に張った膜をすくって食べる。

改めて思ったけど、すごく大がかりな食べ物だ。

今までぱっとしないとか思ってすみませんでした。ありがたく食べます。

 

 

  

f:id:oni-gawara:20191031131954j:plain

店内ではゆば以外にも、お豆腐やがんも、お惣菜なども売っている。

 

 

f:id:oni-gawara:20191031132019j:plain

試食してそのおいしさに驚いたのがお豆腐。すんごいなめらかで濃厚。

オープンして間もない時間だったからか試食を色々いただいた。味見できるのはありがたい。

 

 

f:id:oni-gawara:20191031131933j:plain

そしたらおいしくてたくさん買っちゃった。

旅行の出だしとは思えない量だ。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031131936j:plain

これは店頭に置いてあったリヤカー。

かぶさっているネットをめくると、 

  

f:id:oni-gawara:20191031132015j:plain

大量のおからが。好きなだけ持って帰っていいらしい。

心が弱い私たちはめちゃくちゃ持って帰ってしまった。

これから旅行なのに、だ。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031131940j:plain

豆乳カプチーノとホット豆乳をテイクアウトして車で飲んだ。

ゆばも豆乳もヘルシーだけど濃厚なので、おなかがタプタプになった。幸せ。 

 

 

 

 

 

水深8メートルの海中展望塔

 

f:id:oni-gawara:20191031165315j:plain

勝浦海中公園に来た。

お目当ては水深8メートルにある海中展望塔だ。

海底から天然の魚を間近で見られるらしい。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191101113320p:plain

入場料金が海中の透明度によって変わるシステム

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165335j:plain

この日は透視度低めの1m。悲しい。

でも料金が安いから嬉しい。感情のバランスがちょうどいい。

 


 

f:id:oni-gawara:20191031165410j:plain

遠くに見える白い建物が展望塔のようだ。

 

   

 

f:id:oni-gawara:20191031165406j:plain

展望塔までは海岸の上の橋を歩いていく。 

波の浸食でついたマーブル模様の崖がとてもきれい。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165414j:plain

橋から海を見下ろすと、昔の漁師が使っていたという生けすの跡があった。

切り取られたマーブル模様がミルクレープみたい。おいしそう。

 

  

 

f:id:oni-gawara:20191031165351j:plain

ゆっくり歩いて10分ほどで海中展望塔に到着。

建物が本当に海の真ん中に建ってる! 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165402j:plain

展望塔のらせん階段を下っていく。

96段あるらしい。帰りの心配をしながら大人たちがぞろぞろと下っていく。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165318j:plain

展望室に着いた。

コンパクトな丸い窓から海の青い光が部屋中に差し込んでいた。すてき……

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165416j:plain

さっそく窓から海中を覗いてみよう

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165328j:plain

なんかの……稚魚かな?

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165301j:plain

魚だ! いや、ちがうな、昆布か。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191101175238j:plain

あの大きいのは?!

……なんだただの巨大な箱か。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191101175623j:image

魚……いないね……

 

あからさまに落胆する私たち。

すると部屋の反対側で他のお客さんたちが騒いでいるのに気がついた。

急いで駆けつけると、なんと窓の外に魚たちが集まっている!

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165305j:plain

魚って本当に海に住んでるんだ……!

ごく当たり前のことに感動してしまった。

釣りやダイビングの経験がない私にとって、はじめて本当のナマの海を見た気がしたのだ。

 

 

f:id:oni-gawara:20191105170549j:plain

はじめてのシマアジ(たぶん)
 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165325j:plain

写真と見比べる。似てるからきっとシマアジだろう。

 

 

f:id:oni-gawara:20191105172246j:plain

でっかいのいた! ボラかスズキ……のような気がする!

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191031165322j:plain

写真はないけどきっとそう!

水族館だと区切られた水槽に決まった種類の魚が泳いでいるので、じっくり見れば判別できるが、ここは自然の海である。

魚を判別している暇はない。彼らはすぐに彼方へ泳いで行ってしまう。

その刹那的な出会いにゾクゾクが止まらなかった。

楽しい! これが大自然というものなのね!

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105170552j:plain

もはやシマアジしか分からないが、必死に魚を目で追った。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105170546j:plain

シマアジ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105170543j:plain

数が多くなってきてかなり忙しい

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105170555j:plain

頭がおかしくなるかと思った

 

容赦ない魚の群れに狂いそうになりながら、リアルな海を夢中で眺めた。

透明度が低くてよく見えないのもかえって良かったのかもしれない。

世の中にはうっすらチラ見せされたほうが興奮する物事はたくさんあるが、それは海中の魚にも当てはまるようだ。

 

ちなみに唐突に魚の群れが現れたのは、定期的に撒き餌をして魚を呼び寄せているかららしい。

窓から見えた大きな箱がどうやら餌が入っていたっぽい。

 

海中展望室、とてもすばらしかった。

透明度が良い日にもまた見に来てみたい。

 

 

 

 

海岸からすぐそこ、海の博物館 

 

f:id:oni-gawara:20191105175448j:plain

海中展望塔からすぐ近くの「海の博物館」にも立ち寄ってみた。

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091920j:plain

入口に置いてあったでっかいクラゲを見て、ここはいい博物館だと確信した。

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091946j:plain

海の生き物のはく製が充実している。海が近いから鮮度のいいはく製かもしれない。

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091956j:plain

さっきまでリアルな魚群が目の前を泳いでいたのに、今は加工済みの魚群に取り囲まれている。ウソみたいな体験をしている。そのギャップに頭がクラクラした。

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091935j:plain

なんだかかっこいいボックスがあった。まぁまぁ大きい。中に何かあるのだろうか。

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091929j:plain

窓は暗くてよく見えない。近づいてみよう

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091932j:plain

うそ、カニがパーティーしてる 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091942j:plain

なんだ今の……

窓の場所を変えてもう一度のぞいてみる。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091953j:plain

やっぱりカニがパーティーしてた

 

この博物館、夢の中みたい。 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091904j:plain

他にもかわいらしい生物をチェックしたりした。

タコノマクラかわいい。 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091907j:plain

マンジュウガニシリーズはもれなくかわいい

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091910j:plain

海の中の生き物だけではなく、勝浦周辺で見られる生き物全般も展示されている。 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091913j:plain

植物なんかの情報も充実している

 

 

f:id:oni-gawara:20191106170103j:plain

くっつく種をリカちゃん達のオシャレ着にまぶすという斬新な手法がよかった

 

 

f:id:oni-gawara:20191105091926j:plain

圧倒的ボリュームで彼女の着こなしが優勝だと思いました。

 

 

他にもシアターでの上映や、部屋いっぱいの大きさのクジラの骨格標本の展示があったり、充実の内容の博物館だった。

ここで勝浦の全てがわかるので、海岸や海中展望塔で見かけた謎が伏線として回収されるのもおもしろかった。

 

 

 

 
チーバくんのおしり周辺はとても楽しかった

勝浦はとても良い場所だった。

機会があればぜひ行ってみてほしい。

 

 

最後に道の駅で見かけた、目のきれいな牛をお届けして終わりたい。

 

f:id:oni-gawara:20191031161622j:plain

 

f:id:oni-gawara:20191031161618j:plain

きれい……
 

 

 

【みはしのあんみつ】飢餓みはしを実行したとき人はどうなるのか

 

「今、そこにみはしがあったら、あんみつ食べたい?」

 

 

f:id:oni-gawara:20191025200646j:image

お寿司をもりもり食べている時に、隣の友人がそう尋ねてきた。

友人は私がみはしのあんみつに夢中なことを知っている。

だからこのタイミングでみはし愛を試すような質問をしてきたのだ。

 

「食べたくないかなぁ……」

 

私の返答を聞くと、友人は手元の茶わん蒸しに視線を落とした。

しまった、がっかりしている。どうやら誤解を与えてしまったらしい。

私はいつ何時でもみはしのあんみつを愛してる。

だからこそ今は食べたくない理由がちゃんとあるのだ。

きちんと説明しなければ。

 

「この満腹の状態であんみつを食べに行くのは、みはしに失礼」

 

友人のまぶたがぴくっと動いた。

 

 

f:id:oni-gawara:20191025112531j:plain


「みはしのあんみつの魅力にボリュームっていう要素があるんだけど、それはおなかに余裕がないと100%楽しみきれないから……」

 

友人は顔を上げ、こちらをじっと見つめた。

 

「前までは胃袋にちょっとでも余裕があればギリギリまであんみつを詰めこみたいと思ってたけど、今はちょっと変わってきてるかも。

空腹にあんみつを入れた時の多幸感が……あれが本当にやばい。

朝昼は何も食べずに空腹状態を作り出して、夕方に体が仕上がったらみはしへ駆けこんで、あんみつをキメる。この喜びを知ったらもう戻れない。

だから満腹の今、みはしには行くわけには……」

 

 

f:id:oni-gawara:20191025112535j:plain


私がひと通り話し終わると、友人は巨峰のように瞳をキラキラさせて頷いていた。

よかった、みはし愛がちゃんと伝わったようだ。

愛してるから食べたくない時がある。無事に誤解が解けてほっとした。

 

 

 

 

動きだす「みはし会」

 

定期的に集まってはみはしのあんみつを食べる「みはし会」という10人ほどのグループラインがある。

そこへ先日の友人からメッセージが届いた。

 

f:id:oni-gawara:20191018152314j:plain

誤解が解けたどころか洗脳できていた。うれしい。

 

友人は持ち前の行動力で日程調整ツールを作成し、参加メンバーを募った。

 

  

f:id:oni-gawara:20191018152307j:plain

 

飢餓みはし……こんな字面はじめて。

みはしのあんみつはボリューム満点、飢餓とは正反対の概念だ。まさかこんな文字列を目にする日がくるなんて夢にも思わなかった。

飢餓みはし、最高にゾクゾクする響きじゃないか。

 

日程調整の結果、参加者は私を含めて5人となった。

みはし会に在籍している10人全員、いつでもみはしのあんみつを欲しているが、今回の飢餓みはし参加者は特に過激な思想を持つメンバーが揃ったように思う。

飢餓みはしに向けてこんなコメントをしていた。

 

「胃がパニックになっちゃう……! いいですね」

「頭がおかしくなりそうでいいですね!」

「店内で泣いちゃうかもしれない」

「気絶もしたい!」

 

合法的にキマりたい、そんな過激なやつらが集まってしまった。

 

 

 

 

からだを飢餓状態に仕上げる

 

みはしであんみつにありつくまで全員で山ごもりをして体作りに励みたかったが、それぞれの生活があるので難しい。

飢餓状態は各自で作りだすことになった。

前日から食事を抜く、ジムで体を追いこむ、目の前で作られた焼きそばに手をつけず精神統一するなど手段はさまざまだ。

私の経験上、24時間の空腹がおいしくあんみつを食べられるボーダーラインだと思う。あまりハードに飢えすぎても良くない。

水分や塩分補給は普段通りにして、万全の状態で挑みたい。

各自、 健康面に注意しながら体を仕上げていった。

 

 

f:id:oni-gawara:20191025111151j:image

 

 飢餓みはし当日までは、グループラインでお互いの近況を報告しあった。

近況報告というか「空腹で頭がおかしくなりそう」みたいな内容だった。

全員がみはしのあんみつでキマりたいが為に苦しみ、ギリギリのところでふんばっている。

私はその健気で美しい姿に胸がいっぱいになった。

空腹の先にはきっと世界で一番おいしいあんみつが待っている。

つらいけどがんばってほしい。みんなで天国へ昇ろうよ……!

 

私は待ち合わせ30分前に最後の仕上げに取りかかった。

みんなの飢餓感を最大限引き出したい。

ラインにあんみつの官能的な写真を大量に放りこんだ。 

 

 

f:id:oni-gawara:20191018152300j:plain

  

f:id:oni-gawara:20191018152310j:plain

阿鼻叫喚になった。

私たちは今、極楽浄土に恋焦がれながら地獄のど真ん中で苦しんでいる。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191018152304j:plain

待ち合わせ時間まで阿鼻叫喚コンサートが終わることはなかった。

 

 

 

 

いよいよみはしへ入店

 

10分前に待ち合わせ場所の東武百貨店の入口に着いた。

そこは店内からかぐわしいパンの香りが漂ってくる、これまた地獄のような場所である。

  

f:id:oni-gawara:20191024103956j:plain

すでに顔が真っ白の、体幹がくちゃくちゃになった友人がかろうじて立っていた。地獄の底から這いだしてきたのだろう。早く救いだしてあげたい。

 

しばらくして全員がそろった。

数分前までライン上で阿鼻叫喚コンサートをしていたので、さぞかしみんな興奮状態だろうと思っていたが、ぜんぜん覇気がなかった。

宙を浮くような足どりで、たまに小声で会話をしながらエスカレーターをぞろぞろ下りる。飢餓パレード。これがリアルな飢餓なのか。

 

 

f:id:oni-gawara:20191025131823j:plain


夜ということもあってスムーズに入店できた。

メニューを開き、己と向き合う。心と体が欲するままに注文したい。

するとどこからともなく「あんみつと一緒にお雑煮も食べたらさぞかし……」というつぶやきを耳にした。

サウナ界ではサウナと水風呂を交互に入り、血流をコントロールしてトランス状態に入る「交互浴」というのがあるが、みはし界にも全く同じ仕組みがある。塩っぱいのと甘いのを交互にいきトランス状態にもっていく、みはし交互浴だ。

しかもそれを飢餓状態でやったらどれだけの快感になるのか想像できるだろうか。

精神が整いきってしまうに違いない。

私たちは今、快楽にもっとも貪欲なのだ。

お雑煮を頼まない手はなかった。

 

 

f:id:oni-gawara:20191024104521j:plain

一番乗りでテーブルに運ばれてきたのはお雑煮だった。

閉店間際で材料がなかったようで、1杯のみ。

 

手前にいた黄色い服の友人がお雑煮を受け取った。

「あったかい……」

まるで赤子を愛おしむかのようにお雑煮を持ったままフリーズしていた。

そろそろ限界なのかもしれない。

 

お雑煮はたった一杯。奪い合いになるのかと思いきや、みんな膝に手を置き、遠巻きにお雑煮を眺めた。

なんなんだ、私たちはこのまま死んでいくのか。それとももう死んでいるのか。

 

 

「ちょっと一回あけてみるだけ……あけてみる……?」 

 

 

f:id:oni-gawara:20191024104526j:plain

「あ……」


 

 

f:id:oni-gawara:20191024104518j:plain

「はぁあぁぁぁ………

 

淡く美しい色合いと、湯気と共に立ちのぼる出汁の芳醇な香りに、ため息とも悲鳴ともつかない声があがる。きっと霊が成仏する時もこんな声が出るのだろう。

「いったん吸わせて……!」

私たちは湯気だけを吸いこんだ。恍惚とした。そして誰も食べようとしなかった。今の私たちには刺激が強すぎたのだ。

そして、再びフタをしめてお雑煮はテーブルの中央へ。

 

 

 

 

ついにあんみつとご対面

 

お待ちかねのあんみつがテーブルに出揃った。

いつもみはしに集まった時は、全員のあんみつを中央に寄せて集合写真を撮るのがお約束である。

f:id:oni-gawara:20191024150811j:plain

これは別の会のあんみつ集合写真。あんみつの迫力にみんなとても盛り上がる。 

 

 

しかし、今回の飢餓みはしは違う。

各々が自分の目の前のあんみつを数枚撮影したと思ったら、一目散にスプーンを握りしめた。

 

我々は中央にあんみつを集めている場合じゃないのだ。

 

 

f:id:oni-gawara:20191024104529j:plain

私はかぼちゃあんみつに、さらにかぼちゃアイスを追加したダブルスタイルにした。味変要員として杏も追加。 

特に意識していなかったが、なんだか神秘的な写真になった。

情緒も写真に表れている。不思議だ。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191025194534j:image

お雑煮を赤子のごとく抱きしめていた友人のあんみつ。

フルーツクリームあんみつにかぼちゃアイスと求肥のトッピング。

この日一番の盛りだったのではないだろうか。

友人はあんみつをひと口含んでこうつぶやいた。

「舌がしびれてます」

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191024150028j:plain

隣に座っていた友人のあんみつ。かぼちゃあんみつに白玉をトッピングしている。涼しげな一杯だ。

そういえば待ち合わせの時からひとりだけ暑がっていたので、涼しくなりたいという思いが写真に表れたのかもしれない。

そして食べ終わったら寒がり、お店を出たらまた暑いと言い汗をかいていた。

正真正銘の交互浴がみはしで成立していた。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191024150042j:plain

待ち合わせの時に体幹がくちゃくちゃになっていた友人のあんみつ。

かぼちゃあんみつに栗、杏、白玉をたっぷりと追加している。

こんなにも理性をふりきったトッピングなのに、ひと口食べると背筋が伸び、みはしのあんみつの素晴らしさを哲学的に語ってくれた。

まるで人が変わったかのようだった。友人にとってみはしのあんみつは、知恵の実だった。アダムとイブのように目覚めたのだ。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191024150038j:plain

正面に座っていた友人のあんみつ。カボチャあんみつにソフトクリームと栗をトッピングしている。

このあんみつが友人にどのような変化をもたらしたのかは、ご本人の様子を見てご確認いただきたい。

  

  

 

 

f:id:oni-gawara:20191024150031j:plain

食前

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191024150034j:plain

食後 

 

 

彼女は野獣から菩薩に生まれ変わったのだ。

今回、どのメンバーよりもハードに飢餓を仕上げてきたから、こんな奇跡が起こったのかもしれない。

「あんみつの糖質キックでバキバキにキマりたい」

これは後世に残したい彼女の名言である。

 

 

全員、一心不乱にあんみつを食べた。

そしてたまにお雑煮を挟み、すすり泣いた。

私たちは全員もれなく昇天した。

 

 

 

 

大変よくキマりました

 

飢餓みはしにはそれぞれのキマりかたがあった。

ある者は舌がしびれたと言い、

ある者は発熱と解熱を繰り返し、

ある者は哲学的になり、

ある者は菩薩になった。

 

スリリングでとても楽しい夜だった。

みんなに感謝したい。

ありがとうありがとう……

 

 

 

 

※飢餓みはしは健康を害する危険があります。過度な絶食や運動などは絶対にしないようにしてください。

 

 

 

-----------------

 

みはしのあんみつ同人誌の通販をしております。

現在は電子版のみですが、第1弾と第2弾そろっています。

 

f:id:oni-gawara:20190829110829j:plain

▲同人誌第1弾 表紙

第1弾はガイドブック風。だいたい3~4万文字ぐらい

 

 

f:id:oni-gawara:20190829135530p:plain

▲同人誌第2弾 中身

第2弾は写真集風。官能的な写真と私の感情が綴ってあります

 

 

 

kato-mi.booth.pm

良かったら覗いてみてね

2年間で出会った自販機のゴミ箱たちの記録

 

 

f:id:oni-gawara:20191007134723j:plain

2年ほど前から自販機のゴミ箱が気になっていた。あれはどうも生き物っぽくてかわいい。

それで撮りためたゴミ箱たちをもとにオモコロというサイトで記事を書いたのだけど、まだまだかわいいやつが手元にあるのでここに残しておきたい。

 

 

 

 

ゴミ箱の日常

 

単なるゴミ箱なのに、生命を感じる瞬間がある。

 

f:id:oni-gawara:20191007110619j:plain

例えばカエルみたいなかわいいゴミ箱。この青カエルを発見したあとに……

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007160740j:plain

このゴミ箱に遭遇すると、首を横にかしげているように見えてくる。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110643j:plain

そうなると、これはくわえタバコのゴミ箱の肩にしなだれるイイ女という構図が成立する。

想像力をかき立てられるゴミ箱に出会うと興奮してしまう。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110750j:plain

コカコーラの自販機の隣にいたKIRINのゴミ箱。心なしか遠慮がちな表情だ。

 

 

  

  

f:id:oni-gawara:20191007110815j:plain

こちらは自販機とはぐれてしまったらしい。寂しげ。

 

 

  

 

四角いやつの愛らしさ

 

四角いボディに丸い目のやつが好き。 キャラクター的なかわいさというのだろうか。

 f:id:oni-gawara:20191007110754j:plain

教育テレビに出てきそうなかわいいロボット。

これは自販機の溝にぴったりハマっていたので「さすがロボットだな!」と爽快な気持ちになった。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110818j:plain

同じ型でも色のバリエーションを展開されるとどっちを愛でるか迷ってしまう。どっちもかわいくて選べない。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110758j:plain

体内丸見えタイプ。クリオネをはじめて見た時と同じ気持ちになった。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110743j:plain

年季の入った錆と口ひげがかっこいい。かわいさの中の渋さ。ゴミ箱界の重鎮に違いない。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110623j:plain

このガチャピンとムックは駅で会えるのでうれしい。 

 

 

 

 

ファッションを楽しむ

 

f:id:oni-gawara:20191007110640j:plain

袋の出方も注目していきたい。

ふんわりスカートでフェミニンな雰囲気に。

 

 

  

f:id:oni-gawara:20191007110729j:plain

くしゅくしゅさせるとストールとしても使える

 

 

 

  

f:id:oni-gawara:20191007110832j:plain

唇にピアス。いかす!

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110803j:plain

唇ピアスは界隈で流行ってるらしい

 

 

 

 

 

豊かな表情で語りかけてくる

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110626j:plain

語りかけてくるというかハッキリ言葉にして怒ってました

 

 

 

  

f:id:oni-gawara:20191007110828j:plain

これはたぶん酔っぱらい

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110558j:plain

べーっと舌を出したり

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110614j:plain

目をまわしていることもある

 

こういう穴からペットボトルがはみ出た「目玉タイプ」に遭遇できるとうれしい。

 

  

f:id:oni-gawara:20191007110732j:plain

マリア像のような涙の跡。奇跡のゴミ箱

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191001090432j:plain

不敵な笑みだ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110716j:plain

完全にメンチを切っている。ピアスもしてるし。たぶんペットボトルをカツアゲしてくるタイプのゴミ箱。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110719j:plain

ゴミがたまりすぎると一気にテイストがこわくなるので気をつけたい。

※指定のゴミ以外を捨てるのはやめよう!

 

 

 

 

 

どういう状況なのか聞きたい

 

そういう風に聞きたくなるやつがたまにいる。

 

f:id:oni-gawara:20191001090436j:plain

すごくかっこいいけどどういう状況なの?

これから戦いへ行くの……?

 

 

 

 

 

以上、自販機のゴミ箱でした

 

一度ゴミ箱のかわいさにハマると愛でずにはいられなくなる。

ゴミ箱が愛おしすぎて、一時期ゴミ箱がありそうな道を選んで1時間歩いて帰っていた。

 

 

f:id:oni-gawara:20191007110611j:plain

これは執念の10倍ズームで金網越しに撮ったゴミ箱。

フライデーの写真みたいになってしまった。

 

 

 

 

 

そんなこんなでオモコロで自販機のゴミ箱の記事を書きました。

よかったら読んでみてください!

 

自販機のゴミ箱がかわいくてうらやましい

https://omocoro.jp/kiji/197352/

 

新潟の弥彦山でスカイツリーのパフェを食べた

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110113j:plain

 

法事で新潟県へ行く機会があった。

子どもの頃は夏休みなんかによく遊びに行っていた記憶があるが、大人になってからはすっかり足が遠のいていた。

私の兄も同じだったようで、せっかく新幹線に乗って遠出するんだし、法事のあとに軽く観光もしておくかという流れになった。

 

調べてみると魅力的な観光スポットがたくさん出てきた。

新潟には田んぼと海しかないと全てをスルーしていた子ども時代はなんだったのか。

悔しい。新潟のいい時間を取り戻さなくては。

 

 

 

魚のアメ横で海の幸にまみれたい

 

f:id:oni-gawara:20190920142549j:plain

まずは「寺泊 魚の市場通り」へ。

魚のアメ横と言われているらしい。

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110133j:plain

とにかくカニの量がすごい。あのありがたいカニがあまりにも豪快に積みあがっているので、頭がおかしくなりそうになった。

ずっと見てたら「カニの山にヒップドロップしてみたい」という気持ちになった。混乱していたんだと思う。

 

 

  

f:id:oni-gawara:20190920142553j:plain

大きなお鍋で作った特製あんこう汁を飲んだ。

優しくて慈悲深いお味。あと具がぽよんぽよんだった。汁物の感想で初めて思った、ぽよんぽよん。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110122j:plain

魚のホットスナック売り場だ。テンション上がっちゃうな!

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110136j:plain

大きい食べ物は良いという気持ちがいつも根底にあるので、大きい魚のホットスナックを買った。ホットスナックというかもうなんか獲物だ。うれしい。

 

 

 

 

 

弥彦神社をお参りしよう

 

越後平野の中央にそびえたつ弥彦山。その山頂にあるのが弥彦神社。パワースポットと呼ばれているらしい。それはありがたい。

 

f:id:oni-gawara:20190920110125j:plain

弥彦神社。標高が高いので空気がひんやりして気持ちが良い。心が洗われるようだった。

 



f:id:oni-gawara:20190920110129j:plain

神社の近くにあった火の玉石。

これは石占いの一種で、石を持ち上げた時に「軽い」と思えば願い事が叶い、逆に「重い」と思えば願い事は叶わないという。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110117j:plain

「こっちのほうが重い。そっちもう一回持たせて」

「そうなの? こっちも重いよ。あ、そっちも重いね」

完全に2つの石の重さを比べていた兄夫婦には、願い事のくだりは話さないでおいた。

 

 

 

 

 

弥彦山の頂上を目指す

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110425j:plain

ロープウェイに乗って山の頂上へ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110402j:plain

「平野(へいや)!」

人は感動すると見たままの単語を口にしてしまう。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110455j:plain

ロープウェイの中に気になるポスターが貼ってあった。

ツリーパフェ。どうやら弥彦山東京スカイツリーと同じ標高らしい。

なるほどそれでツリーなのか。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110434j:plain

標高634mと聞くとそれほど高くない山に思えるけど、周りは海と平野が広がっているのですごく高く感じる。すばらしい見晴らし。海が青い!

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110421j:plain

にょきっと生えた不思議なものはパノラマタワーというらしい。全長100m。ながい。

52名乗りの展望室が回転しながら上がっていくようだ。

あのにょきっとしたものの周りをぬるぬる回って上がっていけるなんて夢のようなアトラクションじゃないか。絶対に乗りたい!! と心が震えたが、運転休止中だった。

あれに乗りにまた来なくてはいけない……

 

 

 

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110443j:plain

ポスターを見てからずっと気になっていたツリーパフェを食べに展望食堂へ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110355j:plain

食堂の照明が実家のやつと同じで落ち着く。

 

まったり待っていると、ツリーパフェがテーブルに運ばれてきた。




 

f:id:oni-gawara:20190920110448j:plain

大きい!!

なにせ大きい食べ物は良いという気持ちが常にあるのでとても興奮した。

ちゃんと形もスカイツリーに似てる。コーンとポッキーの工夫っぷりに感心してしまった。

 

新潟でスカイツリーのパフェを食べられるなんて夢のようだ。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110451j:plain

パノラマタワーとツーショット。長いものと長いもので絵になる。 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920114232j:plain

グラスの中はフルーツポンチ、コーンフレークなどが入っていて昔ながらのパフェという感じ。こういうパフェも好きです。おいしかった。

 

 

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110432j:plain

弥彦山、とても素晴らしかった。

この日みた景色はきっと一生忘れないだろう。

 

深く呼吸をしながら青い海を眺めていると、おじいさんが話しかけてきた。

私が感動のため息をもらしているのを聞いて声をかけてくれたようだ。

 

 

「お嬢さん、観光? ぼくはここの近所に住んでるんだけど、弥彦山いいでしょう」

 

「はい、観光です。景色がすばらしいですね!」

 

 

f:id:oni-gawara:20190920163427j:plain

 

「そうでしょう。しかも標高が634(むさし)でスカイツリーと一緒なんだよ」

 

「そうみたいですね、すごい偶然ですよね」

 私が大きく頷いていると、おじいさんはにこっと笑いながら続けた。

 

「でもほら、見てごらん」

 

f:id:oni-gawara:20190920110413j:plain

「昔は638mだったんだよ、ここ」

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110417j:plain

「いつの間にか634mになってたの。ほらここ「8」の跡がある」

 

 

 

そうなの?!

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920163258j:plain

まさかスカイツリーに合わせて山の高さを低く?!

 

と一瞬思ったけどそんなわけもなく、スカイツリーが開業する前に測り直したら634mだったらしいです。

 

 

f:id:oni-gawara:20190920164329p:plain

弥彦観光協会webサイトより引用

 

この写真、最高だ。

時期的には弥彦山のほうが先なのに、スカイツリーに全乗っかりする弥彦山が愛おしくてたまらない。

私はまたここに来なくてはいけない。

 

 

 

良いものをたくさん見れて満足したので、そろそろ下山することに。

帰りのロープウェイが来るまで売店近くをうろついていたら、懐かしいものを発見してしまった。

 

 

f:id:oni-gawara:20190920155300j:plain

だいじょぶだぁのルーレットマンが、ここ新潟に?!

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110307j:plain

けんちゃん……!

志村けんじゃなくて、けんちゃんの頃……!

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110247j:plain

だいじょぶだぁのルーレットマンのゲームってあったんだな……!

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110244j:plain

あれ?

 


 

 

f:id:oni-gawara:20190920155757j:plain

けんちゃんじゃなくてセーラームーンだ……


なんかルーレット役はルーレットマンじゃないとかわいそうに見えるの不思議だな……

 

せっかく見つけたので1ゲームプレイしてみることに。

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110229j:plain

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110250j:plain

なにも考えずにボタン押したら逆さに止まっちゃった

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110256j:plain

これどうなったら当たり? 頭のてっぺんのところに当たりが来たらいいの?

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110239j:plain

あ、ちがう! 左手の先になんかついてる 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110236j:plain

ほら、赤いぴろぴろしたやつ付いてるもん!

これハズレだね!

  

 

f:id:oni-gawara:20190920110226j:plain

兄夫婦の厳しい視線を浴びながらもうワンゲーム

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190920110300j:plain

わーー当たった!!!

 

f:id:oni-gawara:20190920110303j:plain

 

  

f:id:oni-gawara:20190920110311j:plain

変なボールが当たったよ! やった!! 

 

 

 

 

おわり

 

【みはしのあんみつ】勝手に9月のご案内

 

初みはしを迎えられるみなさん、久しぶりにみはしをキメる予定のみなさん、こんにちは。

僭越ながらみはしのあんみつについてご案内させていただきます。

一緒にみはしへ行ってくださるかた、また初みはしを見せていただけるかたにはもれなく全員にこういったご案内を送っているので、怖がらなくて大丈夫です。軽い気持ちで読んでください。

少しでもご参考になれば嬉しいです。

 

 

 

みはしのあんみつとは

 

f:id:oni-gawara:20181203172140j:plain

▲基本のメニュー 

 

 

 

 【あんみつ&みつ豆の内容】

あんみつはすべてみつ豆に変更することができます。

(例:クリームあんみつ→クリームみつ豆に変更)

 

f:id:oni-gawara:20181203171837p:plain

あんみつをみつ豆に変更した場合、あんこが抜かれ、赤えんどう豆が2倍に、干しあんずが2枚加わります。

 

あんみつのデフォルトはこしあんですが、粒あんに変更することも可能です。

初めての場合はこしあんをおすすめします。

 

  ▲先日、初みはしを迎えたかたのツイート。あんこ、ウケています。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20181203172115j:plain

▲トッピングのメニュー

基本のメニューに各種トッピングができます。(ミルクはかき氷専用)

 

 

 

 

 

9月のあんみつギャラリー

 

写真と一緒にトッピング例をご紹介します。

 

今の季節ものは栗です。

秋だけ味わえるレアものです。この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

f:id:oni-gawara:20190903130021j:image

▲栗クリームみつ豆

 

栗は茶色の渋皮煮と黄色の甘露煮が2粒ずつ乗ります。ありがたいですね。

ひとくち噛めばほろりと砕け、次第にねっとりとした食感に変わります。

アイス類と相性ぴったり。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903125932j:image

▲栗クリームあんみつ

※栗を追加トッピング

粒あんに変更

 

栗は4粒までという固定観念にとらわれてはいけません。

追い栗をすれば合計8粒。器のなかを栗まみれにすることが可能です。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903125944j:image

▲フルーツクリームあんみつ

※栗トッピング

※白玉2個サービス

 

空腹の日は思いきりトッピングしてみましょう。

自分のおなかと相談してご検討ください。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903125952j:image

▲栗あんみつ

※ほうじ茶アイストッピング

 

おめでとうございます。季節もののほうじ茶アイスと栗のコラボを拝めるのは9月だけです。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903130017j:image

▲栗クリームみつ豆

※ほうじ茶アイストッピング

 

ほうじ茶アイスとソフトクリームどちらも捨てがたい、そんな時は両方いっちゃいましょう。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903130010j:image

▲フルーツクリームあんみつ

 

みはしで一番かわいいフルーツクリームあんみつ。さっぱり派、いろいろ食べたい派のかたにおすすめです。

今は中央に巨峰がひと粒乗っています。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903130026j:image

▲ほうじ茶みつ豆

 

ほうじ茶アイスは9月16日ごろ販売終了です。売り切れ次第終了のため多少日にちが前後するのでご注意ください。

ほうじ茶アイスは市販のものでは味わえない本格的な香ばしさが素晴らしいです。甘さが控えめなのであんこと合わせるとキマります。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903130013j:image

▲ほうじ茶あんみつ

※白玉トッピング

 

白玉でボリュームをプラスしました。見た目、味と食感のバランスの良いトッピングです。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903130038j:image

豆かん

※ソフトクリームトッピング

※ほうじ茶アイストッピング

 

赤えんどう豆、寒天、蜜のみで構成される硬派な豆かんに、冷たいものを添えました。

塩気のある赤えんどう豆とほうじ茶アイスのハーモニーがたまりません。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903130003j:image

▲ほうじ茶みつまめ

※抹茶アイストッピング

 

ほうじ茶アイスと抹茶アイスを組み合わせた時だけに見られる極楽、それがこれです。さぁ勇気を出していってみよう。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903125955j:image

▲ほうじ茶あんみつ

※ほうじ茶アイスを追加トッピング

粒あんに変更

 

そうです、アイスはひとつまでとは限らないのです。

遠慮はいりません。ダブルでいきましょう。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903125941j:image

▲ほうじ茶あんみつ

※ソフトクリームトッピング

粒あんを追加トッピング

 

あんこも1種類までと思っていませんか? こしあん粒あん、どちらもいきたいそんなあなたに朗報です。あんこも追加できます。

みはしはいつだって私たちの願いをすべて叶えてくれます。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903125948j:image

▲あんずクリームあんみつ

※ソフトクリームを追加トッピング

粒あんに変更

 

もうお分かりですね。双頭のソフトクリームをご覧ください。こういうことです。

 

 

 


f:id:oni-gawara:20190903130034j:image

▲クリームみつ豆

※小倉アイストッピング

 

小倉アイスはシャーベット状でしゃりしゃりとした食感が特徴です。

あんこやクリーミーなアイスよりもう少しライトに小豆を楽しみたい人向け。

 

 

 

 

  

f:id:oni-gawara:20190228140851j:plain

▲白玉クリームあんみつ

 

店員さんに一番人気を聞くと、こちらをおすすめされます。

まずは基本を味わいたい人はこれを押さえておくと間違いありません。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190228140943j:plain

白玉クリームあんみつ

※白玉を追加トッピング

粒あんに変更

 

白玉を口いっぱいに頬ばりたいという夢を叶えた時のオーダーです。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190228140947j:plain

▲抹茶あんみつ

粒あんに変更

 

みはしはソフトクリームもおいしいのですが、抹茶アイスもあなどれません。

甘さ控えめでお茶の風味がしっかり香ります。
 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190228140939j:plain

▲抹茶あんみつ

※ソフトクリームトッピング

※白玉トッピング

粒あんに変更

 

色合いのせいか一見落ち着いて見えますが、欲望がよく表れている一品です。

迷いを切り捨てられなかった日はこうなります。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190228140926j:plain

▲杏クリームあんみつ

 

ハマる人はドハマりする杏。ドライフルーツ好きな人はぜひ。

酸味がきいたパンチのある味わいです。これがあんこやソフトクリームにばっちり合います。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190228140953j:plain

▲杏クリームみつ豆

 

元々みつ豆に入っている杏2枚と、トッピングの杏4枚で合計6枚も味わえる豪華な一杯です。

 

  

 

 

f:id:oni-gawara:20190405081533j:plain

▲クリーム白玉ぜんざい

 

どうしても寒天や豆が苦手な場合は、ぜんざいを試してみてはいかがでしょうか。

あんみつに入っているあんこもとろけるような食感なのですが、ぜんざいのあんこはそれ以上、もはやソースの役割に近いかもしれません。

(本音をいうと初回は寒天のおいしさを試していただきたいので、どうしても! という人向けです)

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190405081550j:plain

▲クリーム白玉金時

 

贅沢に金時豆を使用しています。あんみつに使っている小豆とは別ものというのがポイントで、大粒で豆の味が濃厚です。大胆な豆感に「おれは豆を食らっている」という野性的な気持ちになります。

 

 

 

【備考】

※もし苦手な具材があれば減らしたり抜くこともできるので、注文時にご確認ください。

※トッピングメニューのきな粉は、扱いが難しく初みはしに向かない気がするので省略しました。気になる場合はチャレンジしてみてください。どうぞ心のままに自由にあんみつを……! 

 

 

 

 

おわりに

 

f:id:oni-gawara:20190903153103j:plain

みはしのあんみつの魅力は、自由度の高いトッピングもそうですが、基本の素材がきちんと美味しいところにあると思っています。

カドがしっかりと立ったはじける食感の寒天、とろけるようなジューシーなあんこ、白蜜と黒蜜をブレンドした後味すっきりの蜜……。

ぜひとも素材のおいしさにも注目していただけたら嬉しいです。

それではみなさん、素敵なあんみつタイムにしましょう! 

 

 

 

 

 

*****

 

 

 

という文書を今度一緒にみはしへ行く人に送ったら、めちゃくちゃ怖がられた

 

 

みはしのあんみつを好きだと言い続けるうち同人誌を作るようになった

「みはし」という甘味処のあんみつが大好きで、同人誌をつくっている。

 

 

f:id:oni-gawara:20190829110829j:plain

今年のはじめに作った1冊目の同人誌。

ガイドブック風だけど思想がたくさん入っているからほぼエッセイみたいな温度感だ。

同人誌ってこういうので良いの?! と不安になったけど、たくさんのかたに手に取っていただき、感想もいただけてすごく嬉しかった。

 

そもそも同人誌というものを作るのは初めてだった。

ブログやウェブ記事と違って、自分が書いたものが本の形をして実在しているのはすごく不思議だ。

自分で書いて発注してるのだからそれが印刷所から届くのは当たり前なのだけど、同人誌がつまった段ボールを開けた時は、今までにない高揚感で胸がいっぱいになった。

 

 

f:id:oni-gawara:20190408110533j:plain

制作の興奮と販売の喜びを知ってしまったので、今回も9月のイベント「マニアフェスタ」にむけて2冊目の同人誌をつくることにした。

ウェブ記事をもとにしていた前回の同人誌は、どんな内容になるかはじめからある程度の形が見えていた。

ところが、2冊目はまっさらな状態からのスタートだった。

どうしたものかと悩んでいる時に、前回のイベントで出会ったお客さんとの会話をふと思い出した。

 

「え、あんみつの……同人誌なんですか?! 同人誌?!」

 

すごく驚いておられたので印象に残っている。

話を聞くと、どうやら「同人誌=すけべな本」だと思っていたらしい。

同人誌というワードにはそういうイメージもあるのか。確かにちょっと分かる気もする。

ちなみに個人の趣味で作る雑誌のことをZINEというらしいが、私の作った本は同人誌と呼んでいる。少し青くさい響きが良い。

 

それで、あんみつのすけべな本と言われた時に私は思ったのだ。

あんみつのすけべな本ってめちゃくちゃ良いじゃん! と。

2冊目の同人誌のイメージが決まった。同人誌っぽい同人誌を目指して作ろう。

 

 

 

 

同人誌第2弾は写真集、ポエム、マンガ

 

同人誌といえばマンガ、二次創作というイメージがあったので、ひとまずマンガに挑戦してみた。

f:id:oni-gawara:20190829103323p:plain

実写を取り入れる試み

 

これが好きなキャラの二次創作に当たるのか、そもそも作者が登場していいのかとか諸々わからないことだらけだ。でも描くのは楽しかった。みはし君と海でイチャイチャできる日が来るとは。

そういえばマンガを描いて初めて気づいたのだけど、効果音を考えて足すのがなんだか恥ずかしかった。「ハッ」とか「スッ……」とか。文章を書く時にはない感覚。

 

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190829115337p:plain

表紙は心をこめて描いたフルーツクリームあんみつ

あんみつの周りでモヤモヤしてるピンクのやつはスケベさの象徴。

スマホのお絵かきアプリを使って指で描いたので10時間ぐらいかかって大変だった。眼精疲労で目玉がぼよんぼよんになったけど、その分思い入れのある絵が描けたと思う。

 

 

肝心の中身は写真集っぽい感じになった。

胃袋におさめる前のあんみつをいろいろな角度からハァハァしながら撮ったセクシー写真が目白押しとなっている。

 

f:id:oni-gawara:20190829135811p:plain

これは桜あんみつのページ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20190829135530p:plain

写真には私の想いをコメントとして添えております。ポエムに近い。
 

 

 

f:id:oni-gawara:20190829135122p:plain

写真集っぽいと謳いつつ、爆発しそうな想いをしっかり文章で綴ったページ。全ページ合わせて5000~6000文字ぐらい。

 

という感じで全36ページ、漫画4ページ以外は全てフルカラー。販売価格は700円ぐらいで考え中でございます。

 

 

 

  

f:id:oni-gawara:20190829111830j:image

あと、どうしてもやりたかった缶バッジ。手描きあんみつで作ってみた。

ほぼ自分用な気がするけど、欲しかったからしょうがない。これをつければいつでも心にみはしのあんみつを置いておける……。

 

 

 

 

マニアフェスタで会いましょう

 

秋葉原で開催される「マニアフェスタ」にて、私は9/28(土)のほうに出展予定です。

 

同人誌と缶バッジを販売します。

同人誌第1弾も持っていくのですが、在庫が20冊弱しかないので売り切れるかもしれません。

イベントの売れ行き次第で通販も考え中です。

 

なにかご質問、ご希望などがあればツイッターにリプライください。

イベント全体の詳細は公式サイトをご参考にどうぞ!

 

マニアフェスタは「そんなマニアがいるの?!」というようなやばい人たちがわんさか出展してるので、私も今から楽しみです。

よければ遊びにきてください~

 

https://maniafesta.jp/vol-3-summary/