読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル版ねこあつめ

夜の散歩中よく猫に出会うので、見かける度にカメラを向け写真に残しています。

今回はその写真をリアル版ねこあつめと題してまとめてみました。

先に書いておきますが全くうまく撮れていないです。なのでコレクションというか奮闘記に近いかもしれません。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

眼光ねこ

 

f:id:oni-gawara:20170507222830j:plain

路上の隅でうずくまっていた猫。首を低くし警戒態勢のようだったので、怖がらせないようにゆっくり慎重に近づいてみました。

 

f:id:oni-gawara:20170507222843j:plain

焦ってずれるピント。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222849j:plain

もうちょっとだけ近づいてベストショットを狙いたい。

今のところ目が光る猫型ロボみたいな写真しか撮れてないから、1枚でも可愛い写真を…!

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222854j:plain

ああああ

このあと逃げられました。

 

 

 

 

逃げない猫

 

f:id:oni-gawara:20170507222901j:plain

ゴミ?と思って近づいたら猫でした。最初にゴミに近づこうと思った自分の心境はよく覚えていません。

 

f:id:oni-gawara:20170507222906j:plain

こちらの様子を気にしてるものの、逃げる気配なし。これは近くまでいけそう!

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222911j:plain

そのまま、そのまま。しっかり顔が見える位置までカニ歩きでじりじり近づきます。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222915j:plain

良いよ、良いよ。もうちょい近づくよ。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222920j:plain

美輪さんの声で「小僧」とか言ってきそうな写真が撮れました。

 

 

 

 

むくみ猫

 

暗い中の撮影のせいで不気味に写るのかもしれないと思い、昼間に撮った写真を引っ張り出して検証してみましたが、

f:id:oni-gawara:20170507222725j:plain

あれ、ブスだな。周囲の明るさの問題じゃないようです。シャッターのタイミングでしょうか。

猫ってもれなく可愛い生き物なのに不思議だな。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222628j:plain

コブダイの横顔じゃん、って思いました。ごめん猫。

実際は全然コブダイじゃない可愛い猫だったと記憶しています。

 

 

 

 

フライデー猫

 

f:id:oni-gawara:20170507222822j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170507222828j:plain

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170508011923j:plain

週刊誌風に白黒加工したらしっくりきました。

 

 

 

 

近所の猫ファミリー

 

f:id:oni-gawara:20170507223025j:plain

近所に猫ばあさんと呼ばれている人がエサを置くスポットがあります。そこはいつも3〜4匹の猫がたむろするパラダイス。

しかし猫ばあさん以外の人間が近づくと素早く逃げていくので、なかなか姿を捉えられません。

 

f:id:oni-gawara:20170507222638j:plain

こっちを向いてほしい。

 

f:id:oni-gawara:20170507222642j:plain

ピカー

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222647j:plain

こっちを向いてくれないか。

 

f:id:oni-gawara:20170507222652j:plain

ササー

 

 

 

次の日

f:id:oni-gawara:20170507222657j:plain

すいません、ちょっとお写真いいですか。

 

f:id:oni-gawara:20170507222701j:plain

サササー

 

 

 

そのまた次の日

f:id:oni-gawara:20170507222705j:plain

通り道を予想してスタンバイします。

 

f:id:oni-gawara:20170507222710j:plain

すみません、1枚だけで良いので…!

 

f:id:oni-gawara:20170507222714j:plain

ササササー

 

 

 

次の日、植木の影に潜んでいる姿をキャッチ

f:id:oni-gawara:20170507222734j:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222756j:plain

少し離れた位置からしゃがんで見ていたら、なんと猫の方から近づいてきました。

毎日通ったおかげでついに心を開いてくれたのかもしれない。すごい。餌付けせず野良猫と通じ合えるなんて。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222802j:plain

と思ったら私の背後に親猫がいたようです。

5秒前のドキドキを返してほしい。

 

f:id:oni-gawara:20170507222807j:plain

親猫が一瞬こちらへ向かって来て、首だけサササー

もしかして親子で私の気持ちを弄んでる…?

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222816j:plain

2匹仲良く去っていきました。

 

 

以上です。

もっと猫を可愛く撮れるよう技術を上げていきたいと思いました。

 

最後は猫ばあさんの餌場の写真で終わりたいと思います。

f:id:oni-gawara:20170507223030j:plain

分かりづらいですが、餌を食べてるのは猫じゃなくてイタチです。

うちの近所イタチ生息してるのかよ…!と震えの止まらない夜でした。

 

 ありがとうございました。

 

 

 

※猫に対して餌付けや、しつこく追い回すなどはしていないので、念の為補足しておきます。

生きの良い鯉のぼりを見たかった

5月5日はこどもの日でした。

さて、一行目を書いて思ったのですが、こどもの日って…何だっけ?

こいのぼりを揚げて柏餅をたくさん食べて、男の子をお祝いをする日?

大体合ってると思いますが、ウィキペディアを開いて確認してみました。

 

こどもの日(こどものひ)とは、日本における国民の祝日の一つで、端午の節句である5月5日に制定されている。

祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。

 

なるほど。合ってるどころか初見事項が入ってきました。自分の意識の低さが浮き彫りになって恥ずかしい。

今後は祝日法2条を重んじて認識を改め過ごしたいと思います。

 

それではそんな「こどもの日!こいのぼり!柏餅!」というハッピーな気持ちで集めた、こいのぼりモチーフのお菓子コレクションをご覧ください。

 

f:id:oni-gawara:20170505202911j:plain

「こいのぼり」表記が親切なカステラ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170505202905j:plain

おどけた視線が可愛いチョコクレープ

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170506003703j:image

陳列スタイル込みで粋なワッフル

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170505202927j:plain

リアルな鯉寄りのロールケーキ

 

細長い形状のお菓子なら臨機応変にこいのぼりを乗せてくるメーカーさんの努力、たまらないですね。

これからも便乗系お菓子の登場を楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

理想のこいのぼりとは

 

お菓子じゃない方のこいのぼりも集めました。

 

こちらはイオンで見かけたこいのぼり。

吹き抜けのフロアの天井から吊ってあり、7〜8m程ありそうな立派なものでした。

f:id:oni-gawara:20170505215154j:plain

立派だけど干されてる感がすごい

 

 

こちらは夜の住宅街で見かけた小さなこいのぼり。

f:id:oni-gawara:20170505204548j:plain

今度は一夜干し感がすごい

 

何でしょうか、どちらも自分の中にあるこいのぼりのイメージと違うような、物足りないような気がします。

こいのぼりはもっと生き生きと大空を泳いでほしい。まるで生きた魚のように。

どうにかこの思いを満たせないかと考えた末、良い方法を思いつきました。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170505142528g:plain

GIFにする。

見てください、この鯉の鮮度。これですよ。

私はこういう生きたこいのぼりを見たかったんです。

 

 

 

 

 

もっとピチピチさせたい

 

そうと分かれば早速こいのぼりで有名なスポット、東京タワーへ。

f:id:oni-gawara:20170505225718j:plain

 

東京タワーの足元で泳ぐこいのぼりは全部で333匹とのことです。

 

f:id:oni-gawara:20170505230844j:plain

その数の多さを目にしたらすごく興奮しました。

333匹に命を吹き込めるなんて考えただけでもう…!全能感に震えます。

 

 

それでは満足するまでこいのぼりをピチピチさせていきたいと思います。

GIFを貼っていくだけでは味気ないので、童謡「こいのぼり」のあまり馴染みのない3番の歌詞と共にお楽しみ下さい。

 

 

 

「こいのぼり」

 

f:id:oni-gawara:20170505142608g:plain

 

 5月のかぜに こいのぼり

 

f:id:oni-gawara:20170505142621g:plain

 

 

 

 めだまをピカピカ ひからせて

 

f:id:oni-gawara:20170506021045g:plain

 

 

おびれをクルクル おどらせて

 

f:id:oni-gawara:20170505142545g:plain

 

 

 あかるい空を およいでる

 

f:id:oni-gawara:20170505142949g:plain

 

 

満足です。ありがとうございました。

ゴミ捨て場の貼り紙まじドープ

ハイエナズクラブで記事を書きました。

読んでいただけたら嬉しいです!

hyenasclubs.org

 

 

コレクション系の記事は初めてだったのですが、書いていてとても楽しかったです。

それと同時に写真へ付けるコメントの難しさを改めて痛感しました。言葉選びのセンスがダイレクトに表れますね。もっと語彙力を鍛えたい。

記事に取り掛かってる最中はずーっと上の空でした。良いワードを探すのに頭がいっぱいで。

デスクに向かっている時も頭の中はゴミ、貼り紙、迷惑マナー、ゴミ、貼り紙…

外回りで歩いている時もゴミ、貼り紙、ゴミ、貼り紙、ゴミ、ゴミ、ゴミ…

そしてハッ!と気づくと私は検察庁の前に立っていました。え?なにこれ。ゴミに夢中被疑事件の被疑者として勾留されて検事調べを受ける羽目になったパラレルワールドに突然飛ばされた人みたいな顔で検察庁の前で立ち尽くす私。ここどこですか。

そんな様子にジッと視線を送り、明らかに警戒し始める庁舎入口の警備員。

ただゴミのことを考えてただけなのに、どこをどうやったらこんな緊張のワンシーンになるのか分からない。

分からないけど、私に出来たのはちょっとヘラヘラして見せて早歩きで立ち去ることだけでした。

あーびっくりした。

仕事中にゴミのことを考えるのはやめよう。

 

 

反省もしたところで、最後にゴミ捨て場の貼り紙を1枚お貼りして終わります。

 

 

  

すごく韻を踏んでいる貼り紙

 

「ゴミ出しのルールを守って  綺 麗 な 街

f:id:oni-gawara:20170501143307j:plain

生ゴミは奥から順

鳥や猫あらされないよう

静か綺麗

ゴミ出し場のそばのお宅

迷惑ならないよう静か

自分がその立場

なったら?と考えてくださ

 

 

ビートに乗せて読むと楽しい。

以上です。

 

 

 

 

 

都会のオシャレなパフェにこてんぱんにされた

新宿のとあるカフェに全長30cmのビッグパフェがあるという情報を耳にしました。ビッグパフェ、なんて芳しい響きでしょうか。

しかもただ大きいだけではなく、おいしいらしい。量と質を両方兼ね備えたパフェ…?

そんな世の理に反したパフェが存在するというのなら、食べに行くしかありません。

ということで、ビッグパフェをおいしく食べた記録と興奮を綴りたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

まずは下調べで相手を知る

 

せっかく行くからには前もってパフェについて知識を深めておきたい。

そう思い、お店のホームページを開いて事前調査に取り掛かりました。

 

 

SALON BAKE&TEA

http://salon.adametrope.com/bake/

 

季節のパフェ

ファッションアイコン、ブリジット・バルドーが名づけたといわれる南仏の伝統スイーツ”トロペジェンヌ”を新しい形で表現した、全長約30cmのビッグパフェ。

スプーンを入れるごとに変化する旬の素材と食感をお楽しみください。

 

…うん?序盤からもうどういうこと?

読んだ感じ”トロペジェンヌ”を重要とみて、画像検索をかけます。

 

f:id:oni-gawara:20170427142925p:plain

おいしそう。なるほど、洋風どら焼き。

パン生地にクリームを挟んだお菓子らしい。いいですねぇ。

 

「季節のパフェ」ということで、季節ごとに中身が変わるようです。

今の季節はパフェ・オ・フレーズという苺のパフェでした。

 

パフェ・オ・フレーズ

旬の苺と相性抜群な、香ばしいピスタチオクリームや自家製イチゴジャム、軽やかなクリーム、さくさくした食感のバニラクランブルやフィヤンティーヌのコンビネーション。上に乗せた苺ソルベでさっぱりと。

 

うわーおいしっそー。わー、フィヤンティーヌ。いいなー。いいけど、それ何?

 

f:id:oni-gawara:20170427150220p:plain

天かすみたいなやつらしいです。おいしさ間違いなし。

 

 

 

 

 

ビッグパフェとご対面

 

知識と興奮を充分に備えた上で、全長30cmのパフェとご対面です。

 

 

f:id:oni-gawara:20170427151430j:plain

真ん中の層にフィヤンティーヌを確認。良い…!

 

 

 

そしてこちらがパフェの全体像

 f:id:oni-gawara:20170427201524j:image

頭なげえええええええ

 

 

f:id:oni-gawara:20170427152858p:plain

これを思い出しました。

いや、ホームページを見た時にパフェの写真は確認してたんだけど、実物を前にしたらそのインパクトに動揺しちゃって。

 

頭なげええええとはいえ見てください。この姿。おいしそうが止まらない。

f:id:oni-gawara:20170427153635j:plain

いいよ。美しいよ。 

 

ところでトロペジェンヌこと洋風どら焼きをメインとしているようですが、

f:id:oni-gawara:20170427142557j:plain

トロペジェンヌってここの部分?

どうしよう、トロペジェンヌの元ネタもロクに知らないのに、アレンジがすごい。

 

店員さんからひと言、

「こちらの部分(トロペジェンヌ)は硬めのアイスバーなので、お皿に下ろしておくと少し溶けて食べやすいですよ。」

とアドバイスを頂いたのを思い出し、さっそくその通りに実行しました。

f:id:oni-gawara:20170426165355j:plain

下ろしちゃうと何かあれですね。落ち着きますね。興奮は全然治まらないけど。

 

そして恐る恐るスプーンをグラスに刺しこみ、ひと口。

そこからは完食まであっという間でした。

ピスタチオクリームも、苺ジャムも、ホイップクリームも、フィヤンティーヌも!全部おいしい…! 

f:id:oni-gawara:20170427164748j:plain

 地味な存在感ながら食感のアクセントとして大活躍した白いBB弾もご覧ください。最高でした。

 

 

 

 

 

アクシデント発生

 

グラスの中を空っぽにしたところで、気になるのはお皿に下ろしたトロペジェンヌ。

そろそろ溶けて食べ頃だろうとスプーンで突いてみます。

かたい。カチコチだ。

f:id:oni-gawara:20170427171701j:plain

我慢できなくて、パンの部分は引っぺがして先に食べました。

 

アイスバーがほどよく溶けるまで、しばしテーブルの上のオシャレなお花を眺めます。

f:id:oni-gawara:20170426165423j:plain

プリザーブドフラワーかしら。これって確かお高いのよねぇ、おほほ

 

なんて思いつつ、ちょいちょい様子見でアイスバーに取り掛かるのですが、全然スプーンが通らない。

f:id:oni-gawara:20170427164757j:plain

「ぎぎぎぎぎ」

スプーンの側面を使ってナイフのように突き立てるも歯が立たず。

ほんとに信じられない硬度なんだけど、このアイスバー何なの。ムキになってスプーンでアイスバーを刺します。

アイスバーに跳ね返されたスプーンは空振ってお皿にぶつかり「ッカーン!」と甲高い音を店内に響かせました。

ここで諦めるわけにはいかない。だって早く食べたい。強い気持ちを持ってアイスバーへ向かいます。

アイスバーとスプーンが交わり弾ける度「ッカーン!ッキーン!」

何度も繰り返される「ッカーン!ッキーン!」

女子しかいない華やかな空間で「ッカキーン!」

いや何これ、チャンバラ?

なぜ私はオシャレなカフェで1人チャンバラをしているのか。混乱してきました。

とにかく早く決着をつけたい。自然とスプーンを握る力も強くなります。

 f:id:oni-gawara:20170427174502j:plain

力を入れる余り、殺意がある時のナイフの握りになってしまいました。

でもいける。この握りなら間違いなく、アイスバーをカチ割れる。

 

いっけええええ!

 

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170426174037g:plain

 

 

 

この後、アイスバーはテーブルの場外へすっ飛び、荷物カゴの中に入れた私のリュックの上に着地しました。

 

恥ずかしすぎて風の速さで退店しました。

完敗だ。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

お花見をして、だから何だ?と思った日

先日、毎年恒例のお花見へ行ってきました。

お花見と言っても宴会じゃなくて、仕事帰りに公園へ寄り道して夜桜をまじまじと眺めるというお花見です。桜を見てるんだからこれもお花見だろうと言い続けています。毎年。

 

 

ということで千葉公園へ寄り道しました。

日が暮れるとライトアップされとても良い雰囲気です。 

 

f:id:oni-gawara:20170424102514j:plain

池と桜のナイスコラボ。

 

 

f:id:oni-gawara:20170424102507j:plain

満開のソメイヨシノ

 

 

f:id:oni-gawara:20170424105441j:plain

シダレザクラは満開までもうちょっと。

f:id:oni-gawara:20170424105425j:plain

ピンクが濃いめ。

 

 

f:id:oni-gawara:20170424102646j:plain

桜に囲まれた景色を写真におさめたかったけど、桜って全体で撮るの難しいですね。写真だと迫力を出せないというか。

 

そんなわけでフォルダの中は寄りの写真が多いです。

これはマーガレット。

f:id:oni-gawara:20170424102648j:plain

夜に見るマーガレットもまた良いものです。

 

f:id:oni-gawara:20170424105346j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170424103429j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170424102716j:plain

これはびっくりドンキー

 

 

 

ここからはお花見をした後、歩いて帰った際の「だから何だ?」コレクションになりますので、よろしくお願いします。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170424105419j:plain

千葉競輪場の前を通りかかりました。一度入ってみたい。

 

 

f:id:oni-gawara:20170426112400g:plain

競輪場の季節はずれのイルミネーションをご覧ください。きれいですね。

おじさんが何度も見切れるので、何度も撮り直しました。

たぶんお互い(邪魔だな~)と思い合ってたに違いありません。

 

 

 

 

 

DRINKS CORNERがありました。

立派な屋根付きの優良物件。雨の時も安心ですね。

f:id:oni-gawara:20170424105403j:plain

左の空きスペースは入居募集中でしょうか。

 

 

f:id:oni-gawara:20170424102740j:plain

ゴミの分類してる風してないボックス

 

 

 

 

 

お仏壇のはせがわの前を通りました。

f:id:oni-gawara:20170424102823j:plain

欧風ガーデニング霊園…?そういうのもあるんですね。知らなかった。

 

f:id:oni-gawara:20170426143742p:plain

軽い気持ちで検索したら、お城の中庭みたいな納骨堂が出てきて戸惑いが隠せません。今のお墓すごい事になってる。

 

 

 

 

 

普段通らない道を歩いてみると、あら良い名前の居酒屋さん。

f:id:oni-gawara:20170424102843j:plain

出掛ける前に「友達のところに行ってくる」って堂々と言えますね。アリバイ作りに持ってこい。

 

f:id:oni-gawara:20170426145008p:plain

そういえばマスオさんが同じような事をやっていたのを思い出しました。余裕でモロバレしてました。

 

 

 

 

 

幼稚園の門にかわいい動物が付いていたので写真を1枚。

f:id:oni-gawara:20170424102911j:plain

暗くて映らないし、こわい感じになってしまった。

 

 

フラッシュ付きで再挑戦。

f:id:oni-gawara:20170424102847j:plain

余計こわくなってしまいました。

 

 

 

 

以上です。

何回「だから何だ?」と思えたでしょうか?

その回数分、謝った方がいいでしょうか?

 

ありがとうございました。

 

 

 

歓楽街を歩いてハイボールを飲んで帰った日

休日の午後、ふと思い立ってぶらぶら散歩してきました。

散歩なので何か事件が起こるでもないですが、のんびり歩きながら見かけた風景を綴っていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

船橋駅に着きました

 

 

JR船橋駅、南口から出るとすぐ目の前に県道39号線が通っています。

駅周辺から39号線の大通り沿いにかけては、百貨店やショッピングセンター、大型店舗(※)などが立ち並び、人の往来も多い賑わっているエリアです。

 

f:id:oni-gawara:20170210084211j:plain

※日本一広いダイソーギガ船橋店(私は日本一興奮するダイソーと呼んでいます。)

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092635j:plain

※上から下までモンテローザモンテローザしてるモンテローザ船橋ビル

 

 

この大通りから西側へ一本通りをずれると、途端に雰囲気が変わります。

大通りは活気のある繁華街ですが、こちらはムーディーな歓楽街。

 

f:id:oni-gawara:20170410092715j:plain

景色の大半を占めるのは居酒屋の看板。

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092517j:plain

仲通り商店会のゲート。

魅力的なお店がたくさん入ってそうです。大衆居酒屋、甘味処、パブ。

  

f:id:oni-gawara:20170413164501j:plain

高級ぺぺ婦人、ちょっとなってみたい。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170412161245j:plain

細い路地を覗けばお店が所狭しと並んでいます。

怪しげなお店もちらほらあるようです。

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092655j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170410092728j:plain

かと思えば、急におしゃれなバルなんかも出現したりして。

古さと新しさが入り混じった、しかも新旧どちらも両極端で、継ぎ接ぎというか合成で出来ているような街並みが不思議で面白い。

 

 

 

 

 

街のものをじっくり見てみよう

 

酒屋さん店頭の自販機で、見慣れないカップ酒を売っていました。

f:id:oni-gawara:20170410092358j:plain

これは持論ですが、自販機でカップ酒を買ったら本物になれると思っています。

本物、憧れます。

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092409j:plain

「あしたの元気のために!!」「元気の酒」「アルコール29%」

「あしたの元気に!!」

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092404j:plain

「健康の酒 陶陶酒デルカップ」

元気と健康の押しがすごい。

そんなに元気になるなら飲んでみようかと思いましたが、辛口はアルコール29%、甘口でもアルコール12%と、散歩時に気軽にいけるようなアルコール濃度じゃなかったので、今回は見送りました。

今度来た時に買ってみよう。

 

 

  

こちらは居酒屋の看板

f:id:oni-gawara:20170410092425j:plain

演歌の前口上のような調子で読み上げたい。「いける…酒」3点リーダーの間にたっぷりと余韻を置いて。

  

 

 

「いける…酒」を読み上げているところで、看板猫と目が合いました。

f:id:oni-gawara:20170410092604j:plain

 

近寄ったら露骨に警戒されました。

 

f:id:oni-gawara:20170410092609j:plain

胴体伸びてない?

 

 

 

 

整体院の立て看板

f:id:oni-gawara:20170410092703j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170410092709j:plain

似顔絵は実物と見比べてそっくり度を検証したくなりますね。

 

 

 

 

ポッカの自販機。

小窓の「あったか~い」表記に誤植を発見しました。

f:id:oni-gawara:20170412163934j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170412163944j:plain

あっ、たか~い

誤植じゃなくて質屋さんのギャグでした。なるほど、買取価格がね。

 

 

隣の自販機でも、もうひとギャグ。

f:id:oni-gawara:20170412163956j:plain

腕時計のコマをつめた~い、の方。

 

(なんだ、誤植じゃなかったのか…)

 

 

 

 

気になる雑貨屋さんを発見

 

黄色のタペストリーが目を引く、タキグチです。

f:id:oni-gawara:20170410092429j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170410092436j:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092450j:plain

窓には色褪せた演歌歌手のポスター

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092443j:plain

連続で縦に貼るポスター使い 

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092456j:plain

ガラス戸から見える店内はハーピー積みされた段ボールでほぼ埋まっているように見えます。すごい。宅急便送れるんだ…!という驚きも。

しばらくお店の前で様子を見ましたが、人の気配は無し。

めちゃくちゃ気になる。入ってみたい…けど入れない。なぜなら突然見つけてしまったから。勇気って急に出せないから…!

先ほどの陶陶酒をあおっていたら、もしかすると一歩踏み出せたかもしれません。

次は勇気とお酒を持ってリベンジするぞ。

 

 

 

 

 

良い味を醸し出す飲食店

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092642j:plain

渋い佇まいの食堂。良いなぁ。調べたら創業80年以上だそうです。すごい。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170410092722j:plain

喫茶室よしの。お店の雰囲気とサラリーマンの背中、合うなぁ。

 

ところで、こんなにたくさん良いお店を目の前にして、なぜ店内へ入らずスルーしているかというと、1時間前にあんみつを2杯食べたばかりで満腹だったからです。

散歩は空腹時にするべしと学びました。

 

 

 

 

 そしてこちら!

f:id:oni-gawara:20170410092524j:plain

とても良い!

実は以前こちらのお店の前を通りかかった時も「良いな~!」と思ったので、2度目の「良いな~!」でした。良いお店はいつ見ても良いですね。

 

f:id:oni-gawara:20170410092539j:plain

魅惑の手描きメニュー。

 

f:id:oni-gawara:20170410092545j:plain

野菜の煮物食べたい。

 

f:id:oni-gawara:20170417135659j:plain

2階の窓がすごい事になってる…!店名も塗りつぶしてあるのはどうしてなんだろう…!薄くおにぎりと読めるけど、今はどういうお店で何て名前なんだろう…!

 

見れば見るほど味が出てくる外観を、良いぞ良いぞと調子に乗って写真を撮っていたら、中からお店の奥様が顔を出しました。

「…何か御用ですか?」

とおっしゃる奥様は、不審者を不審がっている完全に「負」の表情をしてらっしゃいました。

ひいい!あの、ごめんなさいいい!

 

 

 

 

 

 

冷やかしだと思われるわけにはいかないので、1杯頂くことに。

あーびっくりした。でも勢いってすごいですね。気になるお店に入るには勇気よりも勢いが大事なのかも。

f:id:oni-gawara:20170410092550j:plain

ハイボールと、お通しの和え物。ワカメときゅうり、豚肉、かまぼこ、ボリュームたっぷりで嬉しい。

 

店内はカウンター5席のみ。

ママさんと対面スタイルは始めこそ緊張しましたが、とても気さくな方だったのでリラックスしてお話し出来ました。たぶんママさん的にも(変な若造が訪ねてきた)と警戒したはずだけど、受け入れて下さってありがたかったです。

 

f:id:oni-gawara:20170410092558j:plain

お店と自宅が融合したようなハイブリッドスナック。家みたいで落ち着く。

 

ママさんは生まれも育ちも船橋とのことで、なんと70年も住んでるんだとか。

すごい、船橋のプロじゃないですか。

そんなプロに船橋トリビアをたくさん教えてもらいました。

「昔の船橋駅前は魚の卸しで賑わっていたんだよ」とか、

「だから駅を使う時はいつも魚くさかった」だとか。

それを聞いた私はフォローする意味で「新鮮な魚が身近にある良い環境だったんですね!」と合いの手を入れたら、

「新鮮だったらくさくないわよ~!」とばっさり斬られました。

正直すぎてめちゃくちゃ笑いました。新鮮じゃないのかよ。

 

ハイボール1杯で1時間居座ってしまい、お会計。いやぁ楽しい時間でした。

そんなこんなでほろ酔い気分になったところで散歩は終了です。

 

f:id:oni-gawara:20170410092746j:plain

最後は駅前のゴロゴロしてる子どもたちの像を見て、船橋にさようなら。

船橋良い町、また来よう。

 

 

 

 

 

後日談

 

そういえばママさんにお店の名前を聞くのをすっかり忘れていました。

でもお店の名前を聞くって普通に失礼じゃない?どうなの?と考えながら何気なくお店の外観写真を眺めていると、

あれ、写真に店名写ってる。

 

f:id:oni-gawara:20170410092524j:plain

よーくご覧ください。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170417135816j:plain

 

 

ほら、下の方に

 

 

f:id:oni-gawara:20170417140353j:plain

こきあ!!

 

 

すっきりした。

以上です。

 

 

 

良いお店(パン屋)

 

こちら、お気に入りのパン屋さん「パルテノン」です。

f:id:oni-gawara:20170407093651j:plain

くせ毛風のちゅるんとしたフォントがかわいい。

いわゆる町のパン屋さんと言うんでしょうか。素朴で美味しいパンをたくさん売っています。

 

ということで今回はこちらのパン屋さんをご紹介したいと思います。

理由は私が好きすぎるからです。

「良い」と「美味しい」をひたすら書いていきます。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

焼きたてパンの魔力

 

f:id:oni-gawara:20170406140642j:plain

朝タイミングが良いと、焼きたてのクリームパンにありつけます。

 

焼きたてのパリッと張った生地を割れば、つやつやのカスタードクリームがお目見えに。

このカスタードクリームがですね、プリンのような優しいタマゴ味ですんごく美味しい。

f:id:oni-gawara:20170406140647j:plain

ヤケドしそうなほど熱々のクリームパンをキメ、朝から多幸感に浸ります。

 

 

すっかり焼きたてパンの魔力に憑りつかれ、またクリームパンを買いに行ったある朝のこと。

その日はまだ焼き上がり前と知らされ、肩関節を脱臼した人くらいの感じで肩を落としていたら、同情したお店の方がその場で別のパンにカスタードを挟んでくださいました。

f:id:oni-gawara:20170406140749j:plain

その節はありがとうございました。すごく嬉しかったです。美味しかったです。このご恩は一生忘れません。

肩関節もこの通り。脱臼せずに済みました。

 

(お店のご厚意で粋な計らいをして下さいますが、忙しい時間帯もあるので、あまり調子に乗らず脱臼等には気を付けたいと思います。)

 

 

 

 

 

オリジナリティ溢れるパンのラインナップ

 

 

まずは菓子パン。

1つで色んな味を楽しめる三色パン。でもチョココロネも捨てがたい。

f:id:oni-gawara:20170406140616j:plain

そして何と言っても、手描きのプライスが味わい深く良いのです。デニュシュ

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140622j:plain

半透明タイプの鼻の「あんぱんまん」は可愛いですが、中はカスタードクリームなのでご注意ください。

 

 

 

そして注目すべきは総菜パンの豊富な種類!

 

f:id:oni-gawara:20170406140706j:plain

テリ焼チキン、チキンカツ。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140744j:plain

ポテトグラタン、お好み焼き。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140820j:plain

マカロニグラタンもあります。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140842j:plain

ベジタブル、カレー。

そうなんです。料理がそのままパンになっているんです。直球でぶつけてくる感じたまらない。

味は想像通りなんだけど、どれも美味しくて期待を裏切りません。

 

中でも一番好きなのはお好み焼き。

f:id:oni-gawara:20170406140807j:plain

ベーコン、チーズ、半熟たまご、キャベツ、桜海老。青のりとソースの味もします。

ひと口ごとに違う食感、色んな味がして咀嚼が止まりません。ベースのパンも具の水分で丁度いいしっとり加減。ああ、褒めるところしかない。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140852j:plain

こちらは「サラミ」じゃなくて「サラミパン

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140755j:plain

ピッツァとピザが混ざったらしいピッザパン。惜しい。

 

「料理名」の後ろに「パン」を付ける付けないのルールをまだ見極めていないので、いつか法則性を発見したいものです。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140859j:plain

こちらはざっくりネーミングシリーズ、ランチパン

何が入ってるかは食べてからのお楽しみということでしょうか。

毎回違う具なのか、中におこわが入っていた日もありました。米は具、パンは器という概念、すごいぞランチパン。

 

 

f:id:oni-gawara:20170406140736j:plain

ざっくりネーミングシリーズ、デラックスパン。具は何だろう。

頑張りたい日に食べたいボリュームの一品ですね。

 

 

 

 

 

店員さんはみんなおばあちゃん

  

f:id:oni-gawara:20170406140549j:plain

 

店員さんはどの方もおばあちゃん。工房でパンを焼いてるのはおじいちゃんです。

みなさん優しいのでつい甘えてしまいます。クリームパンあります?って。

 

そういえばいつからこのお店はあるんだろう?と思い、お店のおばあちゃんに尋ねてみたら、今年で40年目になるんだそうです。わー自分より大先輩だったとは。

「お店が出来た頃は学生だったお客さんも、今は孫を連れてくるのよ~」

とニコニコしながら話すおばあちゃん。

何気なく通っていたパン屋さんにも歴史があるんですねぇ。

朝から良い話を聞けて温かい気持ちになりました。

その良い話に対して私も良いコメントを返したくなったので、ひと言残してからお店を出ました。

「私も今度孫連れてきます!」

 

未婚の自分がなぜこんな事を言ってしまったのか分からないし、おばあちゃんの(え?)って顔が忘れられない。

 

 

以上です。