短冊の欲望を受け止めたい

今日は七夕です。いかがお過ごしですか、もうお願い事の短冊は飾りましたか?

 

ところで七夕ってどうしてお願い事するんですかね。そもそも誰がお願い事を聞いてくれるんでしょうか。どこかの神様?

気になったので七夕の成り立ちについて調べてみたのですが、中国の伝記→日本なりにアレンジ→ついでに地方の神様も祀っとこ!という色々な要素の混ざった複雑な事情のようです。

短冊いじりの前フリに使お~っと位の軽い気持ちで調べて後悔しました。いやもう話長くて。

 

とりあえず簡潔に七夕の願掛けについてまとめると、

★織姫と彦星が無事会えるよう祈る

★織姫へ習い事や技術の上達をお願いする

★自然の神様へ豊作祈願をする

ということらしいです。何でもお願い事すれば良いってもんじゃないんですね。

 

でも個人的には七夕は何でも好きなようにお願い事をしてほしいと思っています。

なぜかというと、ストレートな思いをぶつけた短冊を見るのが好きだからです。特に欲望まる出しのとか最高です。

例えばこういうの。

 

f:id:oni-gawara:20170707121500j:plain

いっぱい欲しいもんね、お金って。

プロセスは分かんないけど結果(お金)は欲しい。よく分かります。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170707121507j:plain

このくらい直球だと清々しいですよね。いくら?大せいはいくら欲しいの?

雰囲気的には500円玉でめちゃくちゃ喜んでくれそう。大せいかわいい。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170707121453j:plain

やられました。「お金がほしい」じゃなくて「金持ちになる」。

金持ちという職に就けばお金は後からついてくる、ということでしょう。

「早く」というところにも強い意志を感じます。ストレートながら隙のない願いに感動しました。

 

 

 

  

f:id:oni-gawara:20170707121525j:plain

お金と同じくらい多い恋愛系のお願い事です。甘酸っぱくて良いですね。

どうかこの彼にかわいい彼女ができますように。 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170707121530j:plain

お付き合いがゴールじゃない。とにかく男を斬りまくりたい。そしてその勲章をくれ、と。

格が違いすぎてかっこいいとすら思ってしまいました。私もいつか言ってみたい。

 

f:id:oni-gawara:20170707121525j:plain

とりあえずさっきの人をスカウトすれば多分みんなハッピー。

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170707121547j:plain

願いは願いでも嘆願もアリみたいです。 坊主よっぽど嫌なんでしょうね。

坊主じゃなければ良いっていう理論なら、結構叶いやすいお願い事のような気がします。がんばって頭髪を死守してほしい。

 

 

 

というように己の欲求をぶつけた短冊は、日本中にわんさか存在してるわけです。

織姫、彦星、どこかの神様も大変かと思いますが、手分けしてどうにか叶えていただきたいですね。

 

 

 

では最後に、お願い事ではないけどとても良かった短冊で終わりたいと思います。

 

 

f:id:oni-gawara:20170707121541j:plain

用事ないのに連絡してくるタイプ

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ムーミンの口はどうなっているのか

ハイエナズクラブで記事を書きました。

お読みいただけたら嬉しいです!

 

hyenasclubs.org

 

 

 

ところでコーヒーカップを持ったムーミンを見かけた時に、ふと思ったことがありました。

f:id:oni-gawara:20170620103058j:plain

ムーミンの口ってどうなってるんだっけ?

飲み物はどんな感じで飲むんだろう。

ムーミンの口…思い出せそうで思い出せない。

ムーミンカフェやムーミン展へ行った時の写真を引っ張り出してみました。

 

f:id:oni-gawara:20170705193218j:image

 

f:id:oni-gawara:20170705193320j:image

 

f:id:oni-gawara:20170705193811j:image

ない。口がどこにも描かれてない!

 

でも確か子供の頃に見たアニメでは、顔の下の方、輪郭の膨らみと反対側の位置に口があって、輪郭をぷるぷるさせながら喋ったり飲んだりしていたような記憶があります。

 

f:id:oni-gawara:20170704180322j:plain

こういうイメージ

 

一度気になりだしたらもう止まらない。ということで、ムーミンの口の描かれ方を調べてみることにしました。

 

 

 

 

アニメのムーミンはどう喋っているのか

 

1969年版アニメのムーミンで口元をチェック。

  

f:id:oni-gawara:20170704173001p:plain

あった!大体予想通りの位置にありました。アニメだとくっきり描かれてますね。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173028p:plain

口を大きく開けることも可能のようです。笑ってるムーミンかわいい。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173055p:plain

なんと歯が2本生えてるのを確認できました。

というか歯も気になるけど、思いっきり鷲掴みされてる危機的状況に戸惑いを隠せません。一体どうしてそんな事に。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173149p:plain

こちらはポカンと開いた口のムーミンです。そしてアレですね、宇宙服着てますよね。なになにどういうこと?

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173219p:plain

次のシーンでは不安な表情を浮かべるムーミン一族の様子が。

果たしてムーミンは宇宙から帰還できるのか。

もう口とかいいから、無事でいてくれればそれでいい…!

 

 

f:id:oni-gawara:20170705125932p:plain

そして「耳はそこなのか問題」も新たに浮上してしまいました。

 

アニメは状況に気を取られて、なかなか口の調査に集中できないですね。

 

 

 

 

飲み物はどう飲んでいるのか

 

f:id:oni-gawara:20170704184601p:plain

大変です。予想よりかなり手前に口がついてる可能性が出てきました。 

そのストローの刺さってる辺り、鼻だと思ってました。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170704184934p:plain

いや、アゴ?人でいうアゴの部分で飲んでる…?

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170705125243j:plain

原作通りの顔の作りだと、あごの位置に口がある説はあながち間違いでは無いのかもしれません。

というか輪郭の膨らみだと思ってた部分、鼻だったの…?めちゃくちゃショックだったので調査はここで終了です。

 

 

 

 

結論

時代や作品ごとに違うムーミンの顔に伴って、口の表現も個性的でした。

口の描写を省略してる場合は、位置をはっきり固定してないのかもしれません。TPOに合わせて柔軟に動き回る口元に今後も注目していきたいと思います。

 

あと個人的には口無しのムーミンが一番しっくりきますが、初期アニメのワーっと口を開けるコミカルなムーミンも結構好きでした。

 

 

 

 

おまけ

 

調査中に見つけたかわいらしいムーミンをご覧いただいて終わろうと思います。

 

f:id:oni-gawara:20170704173257p:plain

でた でた でた

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173327p:plain

でた でた でた

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173359p:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173422p:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20170704173454p:plain

ムーミンふりかけ

 

f:id:oni-gawara:20170704173522p:plain

永谷園からムーミンふりかけ新発売!

 

 

ムーミンとふりかけの関係なさが最高でした。

以上です。

 

結婚式のカメラマンが気になる

先日、友人の結婚式へ行ってきました。

 

f:id:oni-gawara:20170701213650j:plain

彼女の花嫁姿はそれはそれは美しく…

13年前は無邪気な女子高生だったというのに…いつの間にこんな立派なレディになったのかと…バージンロードを歩む彼女の姿に胸がいっぱいになりました。

同じく隣で見守っていた同期の友人は、あふれる涙を堪えきれず鼻をズビズバ言わせていました。やめてほしい。つられるから。私の涙もあふれて止まらなくなるから。

という大感動の挙式だったのですが、その一方、私は気になる人物を見つけてしまいました。

 

f:id:oni-gawara:20170701212642j:plain

カメラマンです。

もちろん写真撮影という重要な役割を担ってるんだから例外なのは分かってる。

でもそんなかっこよくバージンロードに踏み込まれちゃうと見ちゃうから。一度気になったらもう目が離せないから。

 

f:id:oni-gawara:20170701212635j:plain

スナイパーかよ、と思うほどにかっこいい。

あのレンズで狙われたら最後。後日、至高の写真が納品されるに違いありません。

 

 

 

 

フラワーシャワー

 

 

f:id:oni-gawara:20170701215706j:plain

感動の挙式後、フラワーシャワーで新郎新婦を祝福しました。

2人が階段を1段ずつ下りるごとに「おめでとう!」「お幸せに!」と参列者からのお祝いの言葉と花びらが宙を舞います。

誰もが笑顔で、なんて幸せに満ちた空間なんだろう。フラワーシャワーは何度やっても良いですね。フラワーシャワーだけをやりに毎週来たいくらい良いです。

 

f:id:oni-gawara:20170701212648j:plain

そんなハッピーな空間を逃すはずがない。そう、カメラマンだ。

そしてこのローキックスタイル。かっこいい。フラワーシャワーで見れるとは思いませんでした。

ちなみに右下の黒いドレスの女性は私の友人なんですが、カメラが趣味である彼女も、かなり気合いを入れて写真撮影に臨んでいました。持参したカメラもすごく立派なものです。

カメラマンと肩を並べ、懸命にシャッターを切る友人を応援しないわけにはいきません。がんばって良い写真を撮ってほしい!

 

 

 

 

ケーキ入刀

 

 

披露宴が始まり、ケーキ入刀のお時間となりました。

シャッターチャンスとあって、新郎新婦のテーブル周りは大人気。 

 

f:id:oni-gawara:20170701213213j:plain

カメラマンのポジショニングはやっぱりすごい。 

私のカメラには必ずカメラマンと友人が映り込んできます。

く…後は頼んだ友人!良い感じの写真を…!後でラインのアルバムで一括送信してくれ…!

 

 

 

※友人カメラによるケーキ入刀の瞬間

f:id:oni-gawara:20170701212737p:plain

すごい。カメラマン、思いっきり映り込んでる。

これじゃあ気になってケーキ入刀に集中できない!だってケーキの一部になってるもの!カメラマン!

 

 

 

※友人カメラによるファーストバイトの瞬間

f:id:oni-gawara:20170701212738j:plain

惜しい、レンズが見切れてる!これじゃあ大きいスプーンよりも鋭い銃口のようなレンズが気になってしまう!

 

 

 

 

ドレスのお披露目

 

 

そしてお色直し前、最後のウェディングドレスお披露目タイムとなりました。

花嫁の美しいドレス姿を目に焼き付けておきたいところです。

 

f:id:oni-gawara:20170701212703p:plain

 

f:id:oni-gawara:20170701212705j:plain

いやいや、ぴったりドレスと重なって、うまい具合に見えないとか面白いからやめてほしい。

あと友人はちょいちょい小さく舌打ちするのをやめてほしい。気持ちはわかるけど。

向こうは公式だから…!

 

 

 

 

本当に良い結婚式でした

 

f:id:oni-gawara:20170701212751p:plain

 

f:id:oni-gawara:20170701212757p:plain

だんだんカメラマンvs友人の構図が面白くなってしまって、私のカメラロールにはこういう写真ばかり保存されています。

言い訳しますと、凄腕カメラマンが2人もいれば良い写真は約束されているようなものなので、油断してこのような結果になってしまったんです。すみません。

心から新郎新婦を祝福しましたし、本当に素晴らしい結婚式でした。

友人には末永く幸せになってほしいと思います。おめでとう!

 

 

 

 

 

 おまけ

 

f:id:oni-gawara:20170701212826j:plain

新婦から貰ったメッセージカードです。予言めいてて驚いた

 

リアル版ねこあつめ2

近所のネコを撮ることに毎晩勤しんでいる者です、どうもこんばんは。

 

f:id:oni-gawara:20170609173506j:plain

ネコとは帰り道で毎日顔を合わせているのですが、懐いてくれる気配はありません。

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173510j:plain

見てください。友好の印として手を差し出しても全然ウケていません。

やはりエサをあげない人間とは仲良くしてくれないのでしょうか。

 

そんなネコに冷たくされ続けていた日々でしたが、実は最近すごい発見をしてしまいました。なんと誰でも簡単にネコをお触りできる方法があるのです。

その方法をとれば人見知りのネコちゃんも時間無制限でお触りし放題。

そんな夢のような話は信じられないですか?すみません、本当の本当なんです。

ということで早速その裏技をお披露目したいと思います。どうぞ皆様ご活用ください。

 

 

発見した瞬間は、雷に打たれたかのように全身に衝撃が走りました。

これだ!遠近法だー!って。

f:id:oni-gawara:20170609173523j:plain

すごくないですか?ネコちゃんをどれだけ撫で回してもOKなんですよ。だって触ってないから。

  

f:id:oni-gawara:20170609173529j:plain

 強いて言えば触ってるの「宙」だから。

 

 

 

 

距離を調整すればシルバニアファミリーのサイズ感を楽しむことも可能です。

f:id:oni-gawara:20170609173541j:plain

よーしよし、後頭部を優しくなでてあげようね。

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173545j:plain

 

 

 

 

 

指先サイズの豆ネコとか可愛すぎませんか。

f:id:oni-gawara:20170609173608j:plain

背中ちょうどかゆかったんじゃない?巨大な指で掻いてあげようね。

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173614j:plain

いや、すいません、予想外の行動されると困るので降りてもらっていいですか。

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173622j:plain

ミリ単位の繊細な指運びを求められるのでこっちも真剣です。

よーしよしよし、頭頂部をそっと押してやろうね。

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173626j:plain

 

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173639j:plain

慣れてくると、うまく距離を調整して2匹同時プレイも可能!

 

 

 

 

 

 

3日間ほど裏技を使ってネコと触れ合っていたのですが、飽きたのと、何より正気に戻ったので普通の写真撮影に戻りました。

 

f:id:oni-gawara:20170609173650j:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173655j:plain

この日はなぜか近づいてもネコちゃんが逃げません。

しかも明るい街灯の下で鮮明な写真を撮れるまたとないチャンス。

 

f:id:oni-gawara:20170609173700j:plain

左下から差し迫る私の影がこわいんですけど、全身から友好的なオーラを放出しておりますので誤解されぬようお願いします。

 

 

 f:id:oni-gawara:20170613195523j:image

ゴーストの影ではありません。私です。

それにしても逃げないのはありがたいけど、全くこっちを見てくれないネコちゃん。

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173716j:plain

手出しちゃう。ねぇこっち見てよ。 

そういえばネコには目の前に出された尖ったものを嗅ぐ習性があったのをふと思い出しました。動物番組内で読モが指先をネコに差し出すとクンクンと嗅がれ、読モとネコが自然な流れでお近づきになっていたのです。

それならばと、こう!

f:id:oni-gawara:20170609173721j:plain

ガン無視ですよね。

まぁ私、読モじゃないしな。

 

 

 f:id:oni-gawara:20170613210322j:image

今こっち向いたらキテレツのオチのシーンみたくなるから。我輩もう懲り懲りナリ〜って円型のフレームで絞ってくやつ。

なるから何?と言わずに、さぁ目線をこっちへ!

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173732j:plain

とか何とかやっていたらかなり近くまで来れました。こっちの方は全然見てくれないけど。そうだよね。私読モじゃないし。どっちかといえばゴースト寄りだから姿が見えてない可能性もあるよね。

 

 

f:id:oni-gawara:20170613193234j:image

と思ったら横目でこっち見てたー!めちゃくちゃ警戒してたー!

 

この後すぐ逃げていきました。

 

 

 

 

次の日、お水を飲む姿を見かけました。

f:id:oni-gawara:20170609173820j:plain

バックショットもたまりませんねぇ

 

お水を飲み終わったネコがこちらへ振り返ったので、また懲りずに指を差し出すと

 

 

f:id:oni-gawara:20170609173830j:plain

奇跡が起こりました。嗅いだ…触れたー!

うそ…私、読モに…読モになった…!

 

 

 

よくよく思い返すと少し前に焼き鳥を食べていたので、指についた残り香を嗅ぎにきたようです。

なので今後ネコに嗅がれたい夜は焼き鳥を食べようと思います。

ありがとうございました。

 

羊の解体ショーとモンゴル相撲を見てきた

先日、東京別視点ガイドのオフ会に参加させていただきました。

東京別視点ガイドは昔から穴が開くほど見ていたサイトですが、イベントに足を運ぶのは今回が初めてです。

それがもう最高に楽しかったので、熱い内にその様子を綴りたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

会場は赤坂にあるモンゴル料理スーホダイニングバー。

 

f:id:oni-gawara:20170611115622j:plain

モンゴル人のスーホさんが営むお店です。

陽気でパワフルなスーホさんの人柄に魅了された人は数知れず、という評判は耳にしていましたが、なんと来月閉店してしまうとのこと。

閉店を惜しみつつみんなで飲もうじゃないか!というのが今回のオフ会の趣旨です。

  

 

 

 

刺激的なモンゴル料理

 

モンゴル料理は初めてで全く味の想像ができなかったのですが、どれも美味しかったです。

味付けが濃いめでスパイスが効いててお酒に合う!

f:id:oni-gawara:20170611115731j:plain

大き目カットのてんこ盛りサラダ

 

 

f:id:oni-gawara:20170611115635j:plain

骨付き羊肉が登場すると、その豪快さにテーブルで歓声が上がりました。ワイルドばんざい!

くさみがないぞ、くさみがないぞ!とノーくさみ大合唱をしていると、

 

 

f:id:oni-gawara:20170611115639j:plain

おもむろに羊まるまる1頭が登場しました。ぎゃあ!と上がる歓喜の悲鳴。会場のボルテージは一気にうなぎ上りです。

 

 

f:id:oni-gawara:20170611115646j:plain

こんな肉々しい姿の羊は初めて見ました。すごい!

 

 

f:id:oni-gawara:20170611115650j:plain

そのすごい肉塊をモニターの羊がじっと見つめているのは若干気まずい。

 

 

店長のスーホさんがこの場で解体をしてくれるので、捌く前にしばし肉塊鑑賞タイム。

f:id:oni-gawara:20170611115656j:plain

河原の土手で夕日を眺めるノリで肉塊を鑑賞。やばい青春ドラマの世界に迷いこんでしまった。

 

 

しばらく鑑賞した後、スーホさんの見事な手際で羊はみるみる解体されていきます。

f:id:oni-gawara:20170611124224j:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20170611124239j:plain

テーブルの角を利用して体重をかけてバキッ!

まるで羊と戦っているような全身を使っての解体。めちゃくちゃ力仕事なんですね。

 

 

f:id:oni-gawara:20170611115715j:plain

切り出した羊肉のお刺身はわさび醤油でいただきました。

さっぱりした赤身で、例えるなら馬肉やマグロと似てる感じでしょうか。羊肉がヘルシーと言われる意味が分かった気がします。とてもおいしかった!

 

羊の解体ショーにお刺身、こんなの初めて!尽くしで大興奮でした。

 

 

 

 

 

パワフルなスーホさんの魅力

 

陽気でお話好きなスーホさん、色々な話を聞かせてくれました。

漫談のように面白おかしく語るものだから、飲み食いを忘れて夢中で聴き入ってしまいます。

 

f:id:oni-gawara:20170611115749j:plain

印象に残ってるのは、スーホさんがゴビ砂漠に住んでいた8歳の頃のエピソード。

「どうして太陽は毎朝同じ東の方向から顔を出すのか?」というスーホさんの疑問に、おじいちゃんはこう答えたそうです。

「東の砂山の向こうにはオアシスがあって、オアシスの向こうにまた砂山があり、何日も何日もラクダで進むと、突然海が現れる。その海に浮かぶ太陽の国から毎朝真っ赤な太陽は出ているんだ。」

スーホさんはおじいちゃんの話をすっかり信じ、子供ながらに「いつか太陽の国に行きたい」と強く思ったそうです。

それからスーホさんが中学生になった頃、近辺でたった1人日本語を話せるおじいさんの存在を知り、必死に頼み込んで日本語の教わり始めたんだとか。

 

それを聞いて私は、なんて純真で強い信念を持った少年なんだろうと驚きました。思ったことを実行に移すって実はすごく難しいじゃないですか。

スーホさん、すごい人だ。

 

日本語を習い始めて2年半後、スーホさんにとってショックな出来事が起こりました。

学校の授業で、太陽の出る太陽の国は存在しないという事実を知ってしまったのです。

スーホさんは日本語の勉強なんかやめてやる!と思ったほど大ショックだったそう。

ただ「太陽の国が存在しないのは心底悔しいけど、それはそれとして勉強会で貰えるお菓子の魅力には抗えない」という思いから、そのまま高校を卒業するまで合計6年間、日本語は習い続けたそうです。

なんて純真で分かりやすい食べ盛りの中学生…!

スーホさん、すごい人だし最高。

 

 その他にも

ゴビ砂漠から中学校へ通うのに片道4日かかった」

「日本人の名字【平山】はウケる。平たい山は山じゃなくて丘だろ」

というエピソードも最高でした。

 

 

 

あとスーホさんが凄まじい声量で歌うド迫力の東京砂漠、ナイスな替え歌だったのでご紹介します。

 

わたし~~泣い~てま~~~す

ヒツジ~~盗まれて~~~~~

f:id:oni-gawara:20170611115815j:plain

羊1頭盗まれたそうです。この東京砂漠で?!

どう考えてもお店に大打撃なのに、替え歌に昇華して笑わせてくれる器の大きさに感服いたしました。気の毒すぎなのに超笑いました。すみません。

 

 

 

ところで先ほどからちょくちょく登場してるモニターは店員さんのアシストによるものなのですが、モニターの他にも音響、照明、カンペ係など全て1人で担っており、かなりの敏腕店員さんと思われました。

 

f:id:oni-gawara:20170611115759j:plain

いつだってさり気ない彼のアシスト。

 

 

更に料理や配膳までしてる上で、このモニター映像まで作ってるのだから信じられません。

f:id:oni-gawara:20170611115833p:plain

テロップ付き。いつ撮ったの?!という驚きも。

 

スーホさんと店員さんのタッグによるおもてなし力は半端じゃなく、それに身を任せひたすら楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

 

 

 

 

モンゴル相撲とムチ打ち

 

こちらは男性陣によるモンゴル相撲の様子です。

f:id:oni-gawara:20170611115915j:plain

かけ声は「はい!はい!はい!はい!」

ケガ防止の為それぞれにアシスタントが付いています。

相手の足を浮き上がらせたら勝ち。

勝者には女性からおでこにキス、敗者には女性からおしりにムチを頂戴できます。

 

f:id:oni-gawara:20170611115931j:plain

敗者の光景。表情は見えませんが、全員笑顔なので大丈夫です。

 

私も人生で初めてムチ打ち体験をしました。

こういうのは手加減なしで派手に音を出した方がウケるだろうと配慮の心が働き、気が引けましたが目いっぱい振りかぶってムチを打ち抜かせていただきました。

今思うと音だけハードに当たりはソフトに、みたいな気遣いの方が良かったような気がします。お尻を激しく打ってしまった男性の方すみませんでした。めちゃくちゃ楽しかったです。

 

 

 

 

 

強烈な別視点のオフ会

 

お店の魅力に負けないほど輝かしかったみなさん。

別視点を運営されている松澤さん、齋藤さん、そしてお客さん方の個性も並じゃなかった。もちろん良い意味でですよ。

何か好きなものへのこだわりや信念をしっかり持っているというのは強いなと心底思いました。みなさんの話をもっとたくさん聞いてみたい。

 

 

 

それでは突然ですが、別視点の松澤さん、齋藤さんのサウナへの熱い思いをお伝えさせて頂きたいので、

ここでサウナ熱波師検定Bの資格をお持ちの齋藤さんによる熱波コールをご覧ください。

 ※熱波師とは、サウナ内でタオルをあおぎ、お客さんに風(熱波)を浴びせる人のこと

 

f:id:oni-gawara:20170611120717j:plain

齋藤さん、手を広げながら「ねーっ!ねーっ!ねーっ!(熱、熱、熱)」

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170611120725j:plain

齋藤さん、手を叩き「ぱー!ぱー!ぱー!(波、波、波)」

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170611120730j:plain

齋藤さん、今度は問いかけるように「ねーっ!ねーっ!ねーー?!(熱、熱、熱?)」

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170611120743p:plain

松澤さん、それに応える形で「ぱー!ぱー!ぱー!!(波、波、波)」

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170611120749p:plain

齋藤さん「じゅわーーーー!(蒸気)」

 

 

 

会場が温まったところで、みなさんに煩悩の数だけ熱波をお届けする齋藤さん

f:id:oni-gawara:20170611142141g:plain

すごい…!スーホダイニングの常温の熱波が…頰をかすめてく…!

 

 

 

そしてお2人がサウナを熱く語る場の近くにいたのですが、

f:id:oni-gawara:20170611115951j:plain

なぜか分からないけど、この時「サウナ王国の王がおいでなすった」と思いました。

なんか風格がすごい。

 

2人が揃うとサウナ施設でなくても、サウナの如く熱い空間になってしまう、みたいなことでしょうか。すごいぞサウナ、楽しいぞオフ会!

 

ということで是非また行きたいです。ツアーも気になります。

 

ありがとうございました。

 

 

 

--------------- 

 

 

冒頭でも書きましたが、スーホダイニングバーは来月の7月に閉店してしまうとのこと。

今更ながらとても良いお店と気づき、名残惜しい気持ちでいっぱいです。

もう残り日数はわずかですが、ご興味がありましたらホームページをご確認の上、スーホさんに会いに行ってみてくださいね。

 

モンゴル料理 『スーホ ダイニングバー 』 in 赤坂

 

 

 

 

ナンパ師の気持ちを知りたい

hyenasclubs.org

 

ハイエナズクラブで記事を書きました!

通称「ナンパ橋」と呼ばれている橋の落書きを眺めるという内容です。

良かったら読んでみてくださいね。

 

 

ナンパといえば思い出したことがあったので綴ろうと思います。

 

自分で言うのもなんですが、私は地味で平凡な見た目をしています。歳もまぁまぁ重ねてる。そんな私でもごく稀にナンパされることがあります。

ナンパされると、嬉しい気持ちより(何を血迷って私に声をかけた…?)と混乱します。本当です。自分を卑下してるとかじゃなくて。クラスの運動音痴をリレーの選手にスカウトしてるようなもんです。ナンパのターゲットにも適材適所がある。

でも本音をいうと「ナンパ行為」には前々から興味はありました。他人に声をかけるバイタリティ、その度胸の源は何なのか、恐怖心はないのか、ナンパ師の心理は一体どうなっているのか、など気になって仕方ありません。

そんな風に常日頃思っていたところ、先日ナンパをされました。

クリスマスイブの夜、場所は渋谷の道玄坂オモコロの菓子盆選手権というイベントの帰りにコンビニへ入ろうとした時です。

入口で「こんばんは、何してるんですか?」と声をかけられました。

声をかけてきた男性は20代半ば位、中肉中背、メガネ、いかにも真面目そうな雰囲気。井上公造を35歳若くしたような感じ。

 

f:id:oni-gawara:20170525172503j:plain

私の勝手なイメージで恐縮ですが、ナンパ師=派手な人と思ってたので、まず(なぜ君のような人がナンパを?!)という驚きがありました。

正確には(なぜ君のような人が私のような人にナンパを?!)でしょうか。

頭の処理が追いつかないで固まっていると、男性からもう一度たずねられました。

 

若い井上公造(以下「井上」)「こんばんは、1人で何してんの?」

 

私「あ、いえ、イベント見てきました」

 

井上「イベント?1人で?何のイベント?」

 

私「菓子盆のイベントなんですけど…お菓子の盛り合わせを品評するみたいな」

 

井上「へぇ食品メーカーの?イブの日まで大変だね!」

 

説明するのが煩わしいので、私はイブの日まで働く食品メーカーの人間を演じました。そして労われました。

 

井上「1人ならこれからラーメン食べに行かない?」

 

ラーメン。渋谷で初めて出会った人とラーメンをすする。それってどういう状況だろうか。

 

私「いやぁ…もう帰るところなので」

 

井上「いいじゃん、さくっとさ、ラーメン。それにイブの日に1人で帰るって寂しくない?イブだし付き合ってよ」

 

イブイブすごい言う。ナンパしてんのかケンカ売ってるのか、それが井上スタイルなのか。そしてそんなにラーメンに行きたいのか井上。

 

私「いやぁ…」

 

とラーメン押し問答をしていると、

 

f:id:oni-gawara:20170525174614j:plain

背後に立っている別の井上公造の存在に気が付きました。コンビニから出てきたもう1人の井上公造が何か知らないけど真顔でこっち見てる…!

 

※紛らわしいので、声をかけてきた井上公造を「井上A」、コンビニから出てきた井上公造を「井上B」とします。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170526141631j:plain

(井上B)「………」

 

 

f:id:oni-gawara:20170526141613j:plain

(井上A)「あ、おう!」

  

 

f:id:oni-gawara:20170526141631j:plain

「何してんの?」

 

 

f:id:oni-gawara:20170526141613j:plain

「今ラーメン誘ってた」

 

友達ー!!

井上Aと井上B、友達だったー!

いや、ちょっと待っていただきたい。混乱が止まらない。

友達がコンビニで買い物してる間に女をナンパするってアリなんですか。ナンパってそんなに衝動的に行われるもの?連れがいるのに?

あと2人とも井上公造に似てるって奇跡、なに?

いや、それより井上Bは今どういう気持ちなの!

 

f:id:oni-gawara:20170526145612p:plain 

(私)「あの…コンビニから出てきたら友達がナンパしてたわけですけど、今どういう気持ちなんですか…?」

 

 

f:id:oni-gawara:20170526141631j:plain

「え!なんかやってんなぁ、みたいな…」

 

 

f:id:oni-gawara:20170526145612p:plain

「 さっきめっちゃ真顔でしたよね」

 

 

f:id:oni-gawara:20170526141631j:plain

「いや、まぁびっくりはしたけど…イブの夜だし…」

 

井上公造界隈の変なイブ信仰なんなんだ。イブの夜ならアリ、みたいなやつ。

 

 

f:id:oni-gawara:20170526141613j:plain

「そういうことでラーメン行こっか、3人で」

 

ラーメン欲!井上Aは本当にただラーメンが食べたかっただけなのかもしれません。

井上同士でラーメン屋へ行けば全て解決する気がしますが、この井上たち何だか憎めないキャラです。

3人でラーメンねぇ。

もし行ったら…

f:id:oni-gawara:20170526145613p:plain

 こういう並び?

 

それとも

f:id:oni-gawara:20170526145614p:plain

 こう並んで食べるの?

 

というところまで考えて「井上公造に挟まれてラーメン食べるイブはナシだな」と正気に戻ったので丁重にお断りして帰りました。

 

ナンパ師の気持ちはまだまだ分かりそうにないです。

ありがとうございました。

 

 

リアル版ねこあつめ

夜の散歩中よく猫に出会うので、見かける度にカメラを向け写真に残しています。

今回はその写真をリアル版ねこあつめと題してまとめてみました。

先に書いておきますが全くうまく撮れていないです。なのでコレクションというか奮闘記に近いかもしれません。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

眼光ねこ

 

f:id:oni-gawara:20170507222830j:plain

路上の隅でうずくまっていた猫。首を低くし警戒態勢のようだったので、怖がらせないようにゆっくり慎重に近づいてみました。

 

f:id:oni-gawara:20170507222843j:plain

焦ってずれるピント。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222849j:plain

もうちょっとだけ近づいてベストショットを狙いたい。

今のところ目が光る猫型ロボみたいな写真しか撮れてないから、1枚でも可愛い写真を…!

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222854j:plain

ああああ

このあと逃げられました。

 

 

 

 

逃げない猫

 

f:id:oni-gawara:20170507222901j:plain

ゴミ?と思って近づいたら猫でした。最初にゴミに近づこうと思った自分の心境はよく覚えていません。

 

f:id:oni-gawara:20170507222906j:plain

こちらの様子を気にしてるものの、逃げる気配なし。これは近くまでいけそう!

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222911j:plain

そのまま、そのまま。しっかり顔が見える位置までカニ歩きでじりじり近づきます。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222915j:plain

良いよ、良いよ。もうちょい近づくよ。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222920j:plain

美輪さんの声で「小僧」とか言ってきそうな写真が撮れました。

 

 

 

 

むくみ猫

 

暗い中の撮影のせいで不気味に写るのかもしれないと思い、昼間に撮った写真を引っ張り出して検証してみましたが、

f:id:oni-gawara:20170507222725j:plain

あれ、ブスだな。周囲の明るさの問題じゃないようです。シャッターのタイミングでしょうか。

猫ってもれなく可愛い生き物なのに不思議だな。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222628j:plain

コブダイの横顔じゃん、って思いました。ごめん猫。

実際は全然コブダイじゃない可愛い猫だったと記憶しています。

 

 

 

 

フライデー猫

 

f:id:oni-gawara:20170507222822j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170507222828j:plain

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170508011923j:plain

週刊誌風に白黒加工したらしっくりきました。

 

 

 

 

近所の猫ファミリー

 

f:id:oni-gawara:20170507223025j:plain

近所に猫ばあさんと呼ばれている人がエサを置くスポットがあります。そこはいつも3〜4匹の猫がたむろするパラダイス。

しかし猫ばあさん以外の人間が近づくと素早く逃げていくので、なかなか姿を捉えられません。

 

f:id:oni-gawara:20170507222638j:plain

こっちを向いてほしい。

 

f:id:oni-gawara:20170507222642j:plain

ピカー

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222647j:plain

こっちを向いてくれないか。

 

f:id:oni-gawara:20170507222652j:plain

ササー

 

 

 

次の日

f:id:oni-gawara:20170507222657j:plain

すいません、ちょっとお写真いいですか。

 

f:id:oni-gawara:20170507222701j:plain

サササー

 

 

 

そのまた次の日

f:id:oni-gawara:20170507222705j:plain

通り道を予想してスタンバイします。

 

f:id:oni-gawara:20170507222710j:plain

すみません、1枚だけで良いので…!

 

f:id:oni-gawara:20170507222714j:plain

ササササー

 

 

 

次の日、植木の影に潜んでいる姿をキャッチ

f:id:oni-gawara:20170507222734j:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222756j:plain

少し離れた位置からしゃがんで見ていたら、なんと猫の方から近づいてきました。

毎日通ったおかげでついに心を開いてくれたのかもしれない。すごい。餌付けせず野良猫と通じ合えるなんて。

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222802j:plain

と思ったら私の背後に親猫がいたようです。

5秒前のドキドキを返してほしい。

 

f:id:oni-gawara:20170507222807j:plain

親猫が一瞬こちらへ向かって来て、首だけサササー

もしかして親子で私の気持ちを弄んでる…?

 

 

f:id:oni-gawara:20170507222816j:plain

2匹仲良く去っていきました。

 

 

以上です。

もっと猫を可愛く撮れるよう技術を上げていきたいと思いました。

 

最後は猫ばあさんの餌場の写真で終わりたいと思います。

f:id:oni-gawara:20170507223030j:plain

分かりづらいですが、餌を食べてるのは猫じゃなくてイタチです。

うちの近所イタチ生息してるのかよ…!と震えの止まらない夜でした。

 

 ありがとうございました。

 

 

 

※猫に対して餌付けや、しつこく追い回すなどはしていないので、念の為補足しておきます。