読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟より法事実況をお送りします

行った

私は今、新潟に来ています。

祖母の四十九日法要と、遺骨を祖父の眠るお墓へ納骨する為です。

 

千葉から電車と新幹線を乗り継ぎ、新潟県燕三条駅で下車。そこからはレンタカーで親戚の家へ向かいました。

家を出てから5時間、いやぁ新潟って遠い。

 

f:id:oni-gawara:20170311190618j:plain

 

f:id:oni-gawara:20170311190624j:plain

辺りは一面田んぼパラダイス。

法事で来てるとはいえ、のどかな風景に「田舎だな~」と和みムードの車内です。

 

 

そういえばレンタカーショップでラーメンガイドのパンフレットを貰いました。

この辺の地域は、背脂系ラーメンとカレーラーメンを推しているらしいです。カレーラーメンって珍しい。

f:id:oni-gawara:20170311190557j:plain

カレーのルーや具には特に決まりは無いらしく、あの手この手でラーメンにカレーを加えています。

 

 

f:id:oni-gawara:20170311190602j:plain

”パスタにツインカレーとクリームソースで洋風あえ麺に”

出だしではっきりパスタと書いているので混乱しました。

店名の「カレー・洋風食堂味の店おかだ」もどういうこと?ラーメンは?

 

 

f:id:oni-gawara:20170311190613j:plain

ライスinカレーラーメンの潔いぶち込み、すごい好きです。

 

 

カレーラーメンに夢中になっていたら親戚の家に到着。

 

 

親戚へ挨拶もそこそこに昼食タイムです。

親戚のおばちゃんお手製のごちそうが食卓を彩っていました。

f:id:oni-gawara:20170311190629j:plain

大皿に大盛りで、どんどん食えー!って武骨な感じの田舎料理、こういうの大好き。おいしかったです。

 

 

 

昼食後、仏間で四十九日法要を行い、納骨をしにお墓へ移動しました。

 

お墓へ向かう途中、祖母が亡くなる数年前から「早くおじいちゃんのところへ行きたい」と寂しそうに言っていたのをふと思い出しました。

祖父と同じお墓で安らかに眠ってほしいな。

 

お墓は小高い山の上にあり、見晴らしの良い場所に立っています。

日差しが海面にキラキラと反射してとても綺麗でした。

f:id:oni-gawara:20170311190658j:plain

こちらは、親戚一同、誰一人お墓の開け方が分からず騒然としている場面です。

 

お墓の目地がね、ぴっちり詰まってるんですよ。誰がどうやっても墓石にペタペタ指紋を残すばかりで1mmも動かないんですよ。

まさかの遺骨お持ち帰りです。納骨できずに遺骨テイクアウト。

千葉から新潟まではるばる来たのにまた戻るの?って祖母の声が骨壺から聞こえてきそうで、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ごめんねおばあちゃん。

 

結局、納骨は一周忌に持ち越しになりました。

5時間かけてマジで何しに来たんだ。

 

 

 

とはいえ形式上は法要を終えたので、最後に会席料理を頂きました。

 

f:id:oni-gawara:20170311190825j:plain

 春の旬、サクラマス

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170311190735j:plain

西日に照らされる天ぷら。 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170311190742j:plain

白ごはん。なんていうか、ほら、新潟なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に親戚のおばちゃんの自由すぎる会席スタイルでお別れです。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20170311214608j:plain

 

 

新潟ってすごい。

 

 

以上です。