読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活バスツアーレポート(2)

行った

 前回の続きです。

oni-gawara.hatenablog.com

 

 

ではこの旅を共にした男性陣をご紹介します。

 

職業いろいろ。

 

・工場勤務   ・システムエンジニア

・アパレル系営業・建築業

・看護師    ・卸売業経営

・バスの運転手 ・ハイヤー運転手

・郵便局長   ・しらす漁師

・元役者

 

 普段話す機会のない職業の方とお話しできて楽しかったです。

 

 

 

「個」の強い男性たち

 

 

ハイヤー運転手

相席してすぐに「この人感じが良いなぁ」と思いました。

人の第一印象は数秒で決まると聞いたことがあるけど、まさにその通りで、とにかくひと目見た時から所作が美しく、超スマート。職業ハイヤー運転手と聞いて納得しました。女性は惚れてしまうだろうなぁと思いました。

二度話す機会があったのですが、お互いの恋愛観など踏み込んだ話もしました。

彼は毎日用事がなくても連絡を取りたいタイプで、理由は彼女の生存確認をしたいから、とのこと。

生存確認・・・?それなら通信機内臓の電気ポットを彼女の家に置いてみては?とおすすめしておきました。あのおばあちゃん家にあるやつ。

そのおすすめ間違ってることは分かっています。私は毎日連絡をとるのは面倒だと感じるタイプなので合わないなと思って。

でもあらかじめ恋愛観を示しておくのは、後々のトラブル避ける為にもいいなと思いました。勉強になった。

 

 

■歯がとれそうな人

話し始めて30秒くらいで彼が「あ!」と声を漏らしたので、どうしたのか尋ねたら、「差し歯が取れそうになった!」とのことでした。

「今、歯が取れそうになった!やばい、ほんと取れるかと思った!ここで歯取れたら俺この後のツアーで歯が取れた人って呼ばれ続けるよね?名前とか番号じゃなくて歯が取れた人って。歯が取れたらその印象強すぎるでしょ?あぶね~歯が取れた人はないわ~。取れなくてよかった歯。仮に歯取れてたとしたらどうなってたんだろ?」

分かる、気持ちは分かるけど、持ち時間残り3分もしも歯が取れていたとしたらの考察に費やすことなくない?歯よりも私を見てよ、ねぇ。

 

 

岩井ジョニ男

f:id:oni-gawara:20170203140516j:plain

似てました。

プロフィールカードの好きな食べ物欄に麺類と書いていたので、「ラーメンとかですか?」と質問したら「僕、狩野英孝じゃないですよ!」と答えが返ってきました。

私は白目になりました。

 

 

■説明下手ボーイ

プロフィールカードの最近観た映画の欄にドクターストレンジと書いてあり、知らなかったのでどういうストーリーなのか尋ねてみました。

「すごい医者がいて、手をケガした後に治して、魔法を使ってボスを倒す映画です・・・。」

急に魔法出てきた。医者が魔法を?え?説明へたすぎない?

面白かったので、好きな漫画だというスラムダンクも説明してもらうと

「選手がダーっとドリブルをして・・・。」

ドリブル始まりでくるとは。すごいぞ君。君は盛り上がってないけど、私は盛り上がっているよ。

 

 

■ハゲの人

楽しくなっちゃうとボーリング場で物壊して店員に怒られるね~ん、とか言ってた人。

話の途中で急に後頭部を見せながら「オレ、ハゲてる?」と聞いてきました。

ハゲてはいる。でもこの場合、真実を言うのが正解?いやいや、普通はハゲてないよって否定して欲しいもの?待てよ、トレンディエンジェル系のハゲ芸だとしたらハゲを認めた上で笑うべき・・・?

「あー気になるお年頃ってやつですか(笑)」

私はハゲている事実をうまくはぐらかせたとガッツポーズを決めたのですが、間髪入れず

「いや、ハゲてる?ほら」

とより至近距離で後頭部を見せてきました。ハゲです。今目と鼻の先に紛れもないハゲが広がっている。迫りくるハゲ。ハゲと言いたい。言えない。どうしよう。

「なんで?(笑)」

苦し紛れの質問返しです。次にもう一段階ハゲが近づいてきたら、もうハゲに口づけをしてしまう勢いです。助けて神様!

「前はドレッドだったから髪いたんじゃって~ハゲてないよなぁ~」

あっぶねぇー・・・!ハゲって言わなくてよかった。恋心以外でドキドキさせないでほしい。

 初対面の人との会話って難しいですね。

 

 

 

 

 

ふわふわした湯葉料理とふわふわした時間

 

昼食は湯葉料理です。 

f:id:oni-gawara:20170130153853j:plain

みんな遠慮して同性同士で固まって着席してしまうので、男女交互に座るようガイドさんからのアシストがあり、ランダムに着席しました。

参加者は名札をつけているわけでありません。なので(この人名前なんだったけ?)と隣り合った人とお互いふわふわした状態で食事を共にします。

 

 

f:id:oni-gawara:20170130153855j:plain

湯葉料理は美味しいでもまずいでもなく、「へぇ」と声が漏れる味がしました。

盛り上がりもしないし、盛り下がりもしない不思議な料理。

 

 

1時間後の集合時間までは自由行動です。

食事を早く終えた人はお土産コーナーを見たり、外で一服したり。

f:id:oni-gawara:20170130153857j:plain

私は行きのバスで飛ばしすぎたせいで、すでに疲れはピーク。

一緒にお土産を見て仲を深め合う参加者たちを横目に、ほぼトイレで過ごしました。トイレ落ち着く〜。最高。

 

しかしあまりトイレを往復して頻尿女と思われても恥ずかしいので、食事処から出て外を散策してみることに。

f:id:oni-gawara:20170130153859j:plain

食事処の外観。

 

 

f:id:oni-gawara:20170130195454j:plain

景色。ほんのり雪をかぶった山きれいだな。

 

 

f:id:oni-gawara:20170130195447j:plain

良い雰囲気のお店。

 

 

f:id:oni-gawara:20170130153858j:plain

蔦で覆われた毛深いローソン。

 

もう限界。毛深いローソン撮ってる時点で限界を察していました。何もないよ外。集合場所へ戻ります。

 集合場所のロビーにはすでに全員集まっているようでした。しかしガイドさんの姿はなく、微妙な距離感の男女40人が待ちぼうけしている状態です。

この空気が一番苦手。こう言うとおこがましいですけど、見られているような気がして。品定めされてる気分。私が婚活でコソ泥のように逃げ回ってしまうのは、この何とも言えないそわついた雰囲気にあります。

やっぱりさっきの毛深いローソンに戻りたい。

 

 

 

 

 

ドキドキ印象確認カード

 

 

参加者の点呼を終えると、食事前に提出していた印象確認カードの返却が始まりました。

印象確認カードとは、自分が誰と両想いなのか途中経過を確認できるものです。

カードを受け取りにガイドさんの前にのびた列に並びました。なんだ、緊張する。通知表を見る前と同じ緊張感。

さぁ愛嬌にステータス全振りした成果やいかに。

 

黒丸=私から見て好印象だった人、ピンクマーカー=好印象だと思ってくれた人

f:id:oni-gawara:20170130195135j:plain

21人中17人にモテた・・・!よっしゃ!

目標達成した満足感すごい。まるで自分がいい女になったような気すらします。トイレの往復が激しい頻尿女だけどいい女です。

正直めちゃくちゃ嬉しかったので、ここで帰っていいと思いました。

 

 

 

 

 

 

日光東照宮を散策しよう

 

 

ランダムで5~6人に分かれ、グループ行動です。

f:id:oni-gawara:20170130195225j:plain

東照宮、初めて来ました。

持ち時間2時間では全て回りきないほど広くてびっくり。

見どころが多く、どの建造物も立派な佇まいで圧巻でした。

 

ただ特にこれといったエピソードはないので、修復中コレクションをご覧ください。

 

f:id:oni-gawara:20170130195237j:plain

有名な見ざる、聞かざる、言わざる。

焦って指が映ってしまった。

 

f:id:oni-gawara:20170130195244j:plain

f:id:oni-gawara:20170130195251j:plain

よく見たらパネル

 

 

f:id:oni-gawara:20170130195229j:plain

何もない空間

 

 

f:id:oni-gawara:20170130195311j:plain

超修復中

 

 

f:id:oni-gawara:20170130195317j:plain

中も修復中

 

 

f:id:oni-gawara:20170130195327j:plain

ソーラーパネルみたいな修復中

 

 

f:id:oni-gawara:20170204200534j:plain

また焦って指を撮ってしまった。

 

婚活中は写真をあまり撮れないな、と思いました。当たり前だけど。

 

 

 

 

 

仁義なきいちごスイーツビュッフェ

 

 

昼食と同じように長テーブルへ男女交互に着席します。

ただ昼食と違っていた点は、先に女性が着席し、後から男性が好きな席へ座るという形式でした。男性は気になる女性の隣へ座りなさいよ、という露骨さに気が休まらない。うう、今までぼかしてきた恋の予感が濃くなってしまう。気まずい。

 

f:id:oni-gawara:20170130195416j:plain

目の前のやっつけスプーンとやっつけフォークの気まずさはよかった。

 

 

f:id:oni-gawara:20170130195425j:plain

いちごスイーツが出揃ったのでいただきます。いい眺め。

こういうプランに参加するだけあって、みんな甘いもの好きなようで大いに盛り上がりました。気まずさより糖分による幸福感が勝りました。単純なものです。

 

 

 

 

 

最後のトークタイム

 

 

帰りのバスでは最後のトークタイムです。みんな旅の疲れでトーンダウンしてました。

最後に話した男性とは、

「1人暮らしをしてると、半額シールにつられて買ったファミリーサイズのお惣菜パックをつまみにビール飲んでる時が悲しい。」

「1人で テレビを見てて、さて寝るかって自分のタイミングでテレビの電源を消す瞬間が悲しい。」

と悲しい1人暮らしあるあるを発表しあってすごく楽しかったです。

悲しい1人暮らしあるあるの後に、男性は悲しさを払拭しようと思ったのか、

「千葉の隠れ家的なダイニングバーで、地下にあって窓のない、石の壁に囲まれてひんやりしてるんだけど不思議と落ち着く雰囲気の良いところあるんだよね。」

と話してくれました。こういうお墓に埋葬されたいという人の話にしか聞こえなくてとてもよかったです。

1日中、人と喋りすぎると感性がバカになるのかもしれません。または私が根暗なせいなのかもしれません。

 

 

 

 

 

カップル発表

 

 

f:id:oni-gawara:20170204212929j:plain

日光を出発する前に提出したカップリングシート。

ここに第一希望から第三希望を記入するわけです。ものすごく考えて考えて考え抜いたんですけど、どうしても書けませんでした。

システムに引っかかりを覚えてしまう。2番目3番目に気になるってどういう心境?例えば第三希望同士でカップルになったとしたら、お互い心の底で妥協した相手なんだよなぁと思い合うんだろうか。そのカップリングに意味あるのか。とか考えてたらダメでした。

特別気になる人がいなかったからこう思うものなんでしょうか。わからない、底が見えないよ婚活・・・! 

ということで私はカップリングならずでしたが、カップルは6組誕生しました。けっこうな成功率なのではないでしょうか。 

 

f:id:oni-gawara:20170130195508j:plain

 

東京へ戻ってまいりました。もうひと笑みも出来ない。能面。

疲労が限界に達していたのですごい早さで電車に飛び乗って帰りました。お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

まとめ

 

婚活バスツアーを振り返ってみて、トータル楽しかったです。癖の強い人が多かったのも面白かった。

割合は旅行:婚活=2:8 くらいに感じました。私のように調子に乗って興味本位で参加すると顔が能面になる可能性大です。

とにかく長丁場、婚活バスツアーは体力、また精神を鍛えて行くべし。

 

 

 

 

 

 おまけ

 

東照宮で引いたおみくじ

f:id:oni-gawara:20170204220524j:plain

 

大吉 !

f:id:oni-gawara:20170204220515j:plain

「太陽が 頭上に輝きイケイケ状態だけど、調子に乗るなよ」

とのことでした。

すごい当たってる。

 

 

以上です。