一度仕事をサボってみたかった

平日の真っ昼間からサボってるサラリーマンって超かっこいい。

例えば校舎の屋上で授業をサボる不良少年を思い出してください。映画や漫画ならだいたい主役だし、決まってクールでかっこいいじゃないですか。その不良少年の延長線上にいるのがサボりサラリーマンだと思うんです。世間からのあぶれ者はかっこいいの法則です。

 いつでも捜しているよ、どっかに君(サラリーマン)の姿を。向かいのホーム、路地裏の窓、こんなとこにいるはずもないのに。ファミレス、CD屋、サウナ、車の中、こんなとこにいるはずもないのに、いるから憧れちゃうよ。

というわけで私も社会人として一度は平日昼間からサボりをキメてみたい!という夢を叶えるべく、先日実行してきました。

ちなみに平日に有給休暇を取りました。本当に仕事をサボる勇気はありません。

前置き長くなりましたが、要は平日休みに仕事をサボってる雰囲気を出しながら外をぶらぶらしてきた話ですね。

それではよろしくお願いします。

 

 

 

 

まずはスーツ

 

f:id:oni-gawara:20161213110221j:plain

普段スーツを着ない仕事のため、就活以来12年ぶりのスーツです。あとはコスプレの時に着ました。今回もコスプレみたいなものですけど。

やっぱりスーツを着ると気持ちに張りがでますね。よーし、はりきってサボるぞー!

 

 

 

 

公園へ

 

f:id:oni-gawara:20161213110232j:plain

休日は親子連れでにぎわっている広い公園です。平日の昼間は誰ひとりいません。

 

f:id:oni-gawara:20161213110239j:plain

サボり社会人の特等席、公園のベンチ。

リストラされたんじゃないですよ、仕事をサボっているんですよ。

 

 

 

住宅街を通ります。

f:id:oni-gawara:20161213110251j:plain

どう?私仕事サボってる不良社会人だけどどう思う?とすれ違った中学生に声をかけたい気持ちをぐっと堪えます。

 

 

 

今度は遊具のある公園に到着。

f:id:oni-gawara:20161213110300j:plain

遊具なつかしいな、思い切って遊んじゃおっかな!

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161213110308j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161213110322j:plain

明日にも仕事やめそう。サボりの中でも末期のサボり。

ただベンチに座っているよりも背徳感は格段に上でしたので、とても気持ちよかったです。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161213110333j:plain

忘れ物のサッカーボールを拾いました。

 

f:id:oni-gawara:20161213110345j:plain

サッカー部のマネージャー時代思い出しちゃうな。あの頃に戻りたい。あの頃入ってたの情報処理部だけど。

 

 

 

 

川へ

 

田舎の素朴な川沿いを歩きます。

 

f:id:oni-gawara:20161213110425j:plain

生えてるだいたいのものは茶色です。

 

一面のススキ野原。

平和で、きっと何のドラマも起こらない風景。

f:id:oni-gawara:20161213110442j:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20161213110433j:plain

専用ガレージ付きヴィンテージカーを見かけました。しぶい。

 

 

 

しばらく歩くと、見晴らしの良い開けた道に出ました。

f:id:oni-gawara:20161213110458j:plain

 

これは背徳感チャンスと確信したので、ここで写真を一枚。

 

f:id:oni-gawara:20161213110508j:plain

何なんですかね、なんで私はスーツ姿でこの田舎道に立っているんですかね。自分でもよく分からなくなってきました。側から見たらもっとよく分からないに違いありません。

 

f:id:oni-gawara:20161213110514j:plain

あと後ろを通りすがったおじさんにめちゃくちゃ見られてました。時間差背徳感。

 

 

 

 

 

駅へ

 

川沿いから離れ、駅へ向かいます。

途中で強力なサボりアイテムを入手しました。

 

f:id:oni-gawara:20161213110526j:plain

太陽の元、スーツ姿でストロングゼロ。

ものすごく悪いことをしてる気がします。これよ、この感覚がほしかった。

 

 

 駅のホームでもキメてみました。

f:id:oni-gawara:20161213110533j:plain

ああ子どもが見てる。ゾクゾクする。

 

 

 

 

 

 

仕上げはネットカフェへ

 

サボり社会人の定番の場所でゴールです。

f:id:oni-gawara:20161213110542j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161213110549j:plain

全く疲れてない私を包み込んでくれるマッサージシート。

 

f:id:oni-gawara:20161213110555j:plain

仕事もせずマッサージシートに身を委ねながら漫画を読む、これ以上に贅沢な大人の遊びってあります?よく考えてみてください、結構あると思いますよ。

 

 

以上です。

余ってるから何となく取った有給ってみんな何して過ごしてるんですかね。

 

 

 

 

婚活パーティーに行ってまた婚活せずに帰ってきた話

初めての婚活パーティーで斜に構えすぎて無婚活に終わった者です。こんにちは。

その無婚活パーティーから半年、ありがたいことにまた友達の旦那さんから婚活パーティーのお誘いを頂きました。

こんな私になんというお優しいお気遣いでしょうか。結婚してください。

 

そんなわけで婚活パーティーの思い出を綴っていこうと思います。

なお主観視点の荒い文章ですので少々酔うことがあるかもしれません。ご心配な方はトラベルミンをご用意ください。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

出発の朝

 

2回目の参加だけあって 、気持ちに余裕があるように感じる。前回は現地に到着するまでめちゃくちゃ緊張したなぁ。今となっては懐かしいあの緊張感。

とか思ってたら、いつも朝食をがっつりたいらげる元気な胃袋がキリキリと痛む。何も食べられずに家を出発。緊張ってまず胃にくるよね。

 

電車に乗ったところでおなかが空き始めた。というか鳴り始めた。

「うぅ~うわぉう~」

致命的なのは私のおなかから漏れる音が志村けんの声とそっくりなところだ。もしパーティー中に志村が鳴き始めようものなら、私の婚活は一瞬で終わるだろう。

慌てて乗り換えの駅でサンドイッチを買って胃に押し込んだ。

f:id:oni-gawara:20161130173312j:plain

いちごホイップサンドうまぁ~

おしぼりに描かれた熊と同じ表情になった。甘い物は心を落ち着かせるね。

 

 

 

 

到着

 

前回、集合時間ぴったりに着き孤独に過ごした経験を生かして、やや遅めに到着。私、成長してる。

f:id:oni-gawara:20161130173320j:plain

今回の会場はキッチンスタジオ。婚活×料理という試みらしい。

小学校の時の調理実習みたいなイメージだろうか。婚活うんぬんより普通に楽しそう。婚活うんぬんって思ってる時点で逃げ腰なのは否めない。あれ、私、成長していないのか。

 

受付で名札とエプロンを借りて身支度を済ませ、パーティー開始までキッチンの様子を眺める。

f:id:oni-gawara:20161130173326j:plain

将来はこんなキッチンのある家に住みたい、と誰もが思う広々設計。旦那様候補の方々、何卒こういうマイホームをよろしくお願いします。

 

用意された丸椅子へ適当に座ると、隣の椅子に男性が。

くる、会話くるぞ。初対面同士手さぐりのフワフワタイムがくるぞ。私はひと呼吸おいて男性に挨拶をした。

フワフワタイム中、男性の「ぷ~ちょろ」と書かれた名札が目に入った。

また男性の顔に視線を戻す。全然ぷ~ちょろ顔じゃない。ぷ~ちょろ顔がそもそもどうあるべきかは分からないけど、少なくとも語感的にぷ〜ちょろにはくだけたお調子者であってほしい。

ところがどうだろう、目の前に座っているぷ~ちょろは超真面目そう。膝の上で拳をグーにして座ってるし、顔は西郷隆盛に似てる。

なんでぷ~ちょろなんだろう。西郷隆盛似にぷ~ちょろは無い。100歩譲って、ご~もりだ。西郷隆盛似のご~もり。これはありだ。

そのあとぷ〜ちょろとは何か雑談をした気がするけど、ぷ~ちょろご~もりを頭で反芻してて内容を覚えていない。婚活しろ。

 

 

 

 

料理開始

 

パーティー主催者からの挨拶が終わり、いよいよお料理開始。

メニューは決まっていて、唐揚げ、アヒージョ、サラダ、そしてサンドイッチ。

わーなんで朝サンドイッチ食べてきちゃったかなぁ!と素直に思った。食べ物のこととなると素直になれる。不思議だね。

 

キッチンは2部屋あり、唐揚げとアヒージョ担当の料理上級者班と、サラダとサンドイッチ担当の料理初級者班に分かれることになった。

迷わず初級者班に行く。ハードルなんて低い方が下手に転ばなくていいんだから。

初級者班は全員そういう思想の持ち主なのもあって、気楽に料理は進む。

f:id:oni-gawara:20161130173336j:plain

玉ねぎを切る方向は繊維に沿って?繊維を断ち切るように?トマトは輪切りとくし切りどっちにする?

と大勢でワーワー言いながら料理するのはすごく楽しかった。

f:id:oni-gawara:20161130173344j:plain

 

私は茹で卵を剥き終って、殻だらけの手を洗おうとシンクの前へ。

汚れた手でうまく蛇口をひねる方法を見つけるのにしばらく固まっていると、横から男性がさっと蛇口をひねってくれた。

これは!ドラマチック!と思った。これは女性が惚れるスマートさだ!と。

ただそう思うと何だか身構えてしまい、

「優しさ高ポイント~ふぅ~」

と訳のわからないポイントをゲットした旨を男性に伝えていた。恥ずかしい。ふぅ~ってなんだ。

 

 このように男性と会話をする度に、恋の始まる予感を意識するせいか何だか疲れてしまった。女の子とサンドイッチのつまみ食い合戦をしてる方が楽しい。

いや、これではいけない!と思い立って、足りない食器を調達する係に徹した。2箇所のキッチンをせわしなく行ったり来たり、これなら誰も私に話かける隙はないだろう。そう、私は逃げ出したのだ!

 

ちなみに料理中一番楽しかったのは、友達の旦那さんのエプロンが小さすぎてミニスカになってるのを発見した時。 

f:id:oni-gawara:20161201171834j:plain

すごくよかったけど、ミニスカエプロンを恥じらう友達の旦那さんに恋の要素はゼロ。婚活しろ。

 

 

 

 

実食

 

f:id:oni-gawara:20161130173353j:plain

 テーブルの上に揃った豪華な料理を前にして全員のテンションが上がった。

特に唐揚げやアヒージョから漂う食欲を刺激する香りはたまらなく、料理上級者班の高等なテクニックがうかがえる。結婚してください。

 

大勢で料理を囲み実食。自分たちで作った料理はもちろん美味しかった。お酒もグイグイすすむ。

でも忘れちゃいけない、これは婚活パーティー。作って食べて星3つです!チューボーですよをしてる場合じゃない。まず誰かと会話しないと。

私のいたテーブルは、私以外に女性3人と男性1人という構成。アンバランスだけど面白そうだから男性1人を囲み取材するように会話を進めてみた。

住んでいる場所、出身地、年齢、職業など定型の質問が済んだ後に、好みの女性のタイプの質問を切り込む。

男性は女性4人に囲まれて恥ずかしそうな、困ったような様子で

「特にこれっていうタイプはないですね、好きになった人によるっていうか・・・。(女性4人に向けて)みなさんもそれぞれ素敵ですし!」

 パーフェクトな回答が返ってきてしまった。誰も傷つけず、かつ女性をときめかせる大人な回答が。この人モテ男だ。

私はお手本のような回答に感心すると同時に、心の奥底で(コショウ足りなくない?)と思っていた。本当に欲しいのはピリリとひとスパイス効いた回答だった。

「そこをあえて言うなら、どういうタイプの女性がいいんですか!」

と酔っ払い気味で調子をこく私。うぜぇ~。もし逆の立場だったら「君以外の女性がタイプだよ」って答えると思う。

でも大人な男性は「強いて言うなら・・・気遣いできる人?」と答えてくれた。やはりモテ男は違う。気遣いのできない私と全然違う。

そんなデキるモテ男っぷりにだんだん腹が立ってきた。

とにかく酒に酔った脳みそが「コショウが足りない!」と繰り返し叫んでいたせいで、気づくと

「グラス空ですね、次なに飲みます?!サラダ取りましょうか?唐揚げもありますよ!」

と男性に食ってかかっていた。

【好みのタイプを質問して、答えた瞬間にその好みのタイプを演じまくる】というキャバ嬢にやるとウケるやつをやっていた。恥ずかしい。死ぬ。

はっと我に返り他の女性の様子をうかがうと、隣の女の子はおなかを押さえて笑ってくれていた。え、やだ、すごい好き。

この後も何を言っても笑ってくれる女の子を見て思ったことがあった。

結婚したい、と。いつも隣で笑ってくれる君と一生を共にしたいんだ、と。

これこそ求められている理想の女性像。何を言っても面白いって笑ってくれる女性ってすごく素敵じゃないの。

そう気づいた途端、隣の女の子がとてもまぶしく思えた。そしてすごく勉強になった。隣の女の子ありがとう。結婚してください。

 

 

 

 

携帯の故障

 

理想の女性像に気づいたちょうどその時、携帯が壊れた。何をしても電源が立ち上がらず画面は真っ暗なまま。

婚活で携帯が使えないのははっきり言って致命的だ。連絡先の交換ができなければ今後の発展も何もない。

焦った。焦ったけど、もう携帯が使いものにならないと分かった瞬間、不思議と肩の力が抜けて心も軽くなった。今日は婚活できないけど仕方ないか~ツイてないな~(笑)と思った。

このあたりでようやく自覚する。私、婚活に向いてないんだ!

 

 

 

 

2次会

 

2次会はボーリングへ。30人ほどの大所帯。各レーンに4,5人ずつランダムに振り分けられることに。

同じレーンになったのは、理想の女性像の子(嬉しい)、男性はメガネの方と、ハーフの方、合計4人。

婚活から解放され開き直った私は、ボウリング中思う存分ヤジを飛ばした。すごく楽しい。婚活中ならヤジなんて飛ばせないもんね。婚活中じゃなくてよかった~とまで思ってた。完全に迷惑な存在だっただろうな。

ゲームが進むにつれみんなのボーリングレベルが分かってきて、中でもハーフの彼は群を抜いて下手なのが浮き彫りに。5本倒せばいい方、みたいな。

全員で一生懸命ハーフの彼を応援した。ハーフの彼も始めこそ、チクショー!的な悔し元気を振りまいていたけど、回を重ねるにつれ、明らかに元気が無くなっていく。励ましが追いつかないよ、どうしよう。

2、3本倒してはトボトボと席へ戻ってくるのを繰り返すハーフの彼。空気は重く、かなり深刻。

その深刻さから表情には陰影がかかり、最初は平井賢くらいの彫の深さだった顔も、最終的にはハリウッド級の凹凸にまで掘り進められていた。正直、どんどん顔の堀が深くなっていく様子はめちゃくちゃ面白かった。

理想の女性像の子にこっそり(ほら、堀がまた深くなったよ・・・!)と耳打ちしたら笑ってくれた。やっぱ君のことすごい好きだ。

 

 

 

3次会

 

夜6時すぎ、3次会は居酒屋の流れだったけど、携帯の修理のため離脱。

軽い足取りで1人電車へ。あー1日楽しかった!

 

 

 

 

まとめ

 

前回を上回る無婚活っぷりでした。びっくりした。でも大勢で遊ぶのは楽しかったから、大勢で遊ぶサークルとかに入りたいと思いました。

パーティーに参加された方々、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。楽しもうという気持ちはあるんです。だから多分また行きます。すいません。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜が高い

ここ最近、野菜の価格がエグいほどに高騰していますね。

家計に絶賛大打撃中です。

 

f:id:oni-gawara:20161129174115j:plain

貧乏メシ代表のはずのキャベツは半分で250円。げんなり。

 

でもどんなに価格が高騰しようと、野菜は毎日の食事に欠かせないもの。

先日も少しでも安く済ませようと野菜をまとめ買いしてきました。

それで、買ってきた大量の野菜をキッチンに広げて下処理をしようとしていた時のことなんですけど。

ふとブロッコリーを見て「掲げてみたい」と思いました。

ブロッコリーの形ってトーチぽくないですか?自由の女神が頭上に掲げてるやつ。自由の灯といわれているあのたいまつ。

料理する前にいったんああいう風に天高く掲げてみたら、野菜の尊さとか有難みが増すんじゃないかなぁ、と思ったんです。

 

 

それでは言い訳はこれくらいにして、ただただ天高く掲げた野菜の写真をご覧ください。

 

 

 

まずはブロッコリー

f:id:oni-gawara:20161128173352j:plain

ほら、ブロッコリーを天井に向かって差し出したらね、思ったより良かったんです。全ての始まりはここからだったんです。

天井の照明と重ねることによってこんなにも自由の灯っぽくなるなんて。

貧しさにあえぎ、野菜を求める群集よ、私は希望の灯(ブロッコリー)を掲げて照らそう。価格安定の国はここなのだと。

 

 

 

 

りんご

f:id:oni-gawara:20161128173328j:plain

何の変哲もないサンフジも、リンゴの本分である知恵の実の姿を取り戻しました。神々しい。

いったん裸になって無垢な状態になった上で、このサンフジをかじった後、恥ずかしがりながらイチジクの葉で体を隠したい。私はイヴ。

 

 

 

 

チンゲン菜

f:id:oni-gawara:20161128173403j:plain

この形は天高く掲げてもどうかなぁ、と最初は半信半疑でした。

しかし実際に掲げてみたら何という神秘的な姿でしょうか。私はその美しさに時間も経つのを忘れ、チンゲン菜のシルエットに夢中になっていました。

すると驚いたことに長年悩んでいた肩こりが解消されていたのです。それどころか、眼精疲労、冷え性スマホ巻き肩、ピーターパン症候群など全て完治しました。

次々と起こるチンゲン菜の奇跡に驚きを隠せません。

今ではチンゲン菜を信じ掲げて本当によかったと思っています。ありがとうございました。

 

 

 

 

ニラたっぷりのモヤシ

f:id:oni-gawara:20161128173423j:plain

 これは高さや灯りを持ってしても、パッケージのだささはカバー出来ませんでした。

 

 

f:id:oni-gawara:20161128173417j:plain

ところがどうでしょうか、手首にひねりを加えたらかなり良くなりました。

まるで太陽のような光を浴びてニラもモヤシもすくすくと成長することでしょう。そして家計は救われる。

 

 

 

 

キウイ

f:id:oni-gawara:20161128173433j:plain

一時はスランプで落ち込んだが、家族やチームメイトの支えにより復活を果たし、その完全復活の際に投げ観衆をあっと言わせた第一球、それがこのライジングシャイニンゼスプリボールだ!

 

 

 

 

まいたけ

f:id:oni-gawara:20161128173336j:plain

 やぼったい。

 

 

f:id:oni-gawara:20161128173343j:plain

房を減らすと有難みが増していいですね。

万病に効くキノコっぽさが出ました。たぶん生息地は険しい山の中で入手困難なタイプのキノコ。で、余命わずかの病気に蝕まれた体が治ることを信じて、苦労の末に採ってきたキノコをスープにして飲んだ後に、実は万能のキノコではなく猛毒のキノコだったことに気づいて、最後に「まったく、いい人生だった!」って言って、毒が回る前に自ら爆薬を飲んで爆死したいタイプのキノコ。

そう考えると、どこかで見たことある話みたいで涙が止まりません。

 

 

 

  

 きぬさや

f:id:oni-gawara:20161128173442j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161128173451j:plain

網状に走る葉脈、生命を感じます。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161128173515j:plain

生命を4枚、指の間に挟むとウルヴァリンになれます。

 

 

 

 

 れんこん

f:id:oni-gawara:20161128173521j:plain

これまでの野菜とは一線を画したレンコン。それは天高く掲げられる為の穴としか考えられません。

 

f:id:oni-gawara:20161128173531j:plain

回転させれば穴から漏れる光の道筋が変化して、まるで万華鏡のように色々な表情を見せてくれます。

 

f:id:oni-gawara:20161128173539j:plain

レンコンの穴に吸い込まれそう。美しい。そして有難い、尊いよ。

途中で何度も我に返りそうになったけど、本当に天高く野菜を掲げてきてよかったよ!

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161128173548j:plain

そんなわけでレンコンとウルヴァリンのきんぴらを作りました。日持ちするので常備菜にうってつけです。

 

ありがとうございました。

自動販売機の主張

 

最近、自販機の主張が気になります。

主張とは具体的にどういうものかというと、例えば取出し口のすぐ上にある小窓です。

ポスターなんかがよく貼ってあるあのスペースです。

f:id:oni-gawara:20161115091443j:plain

こちらはその小窓でお得な価格を主張しています。Dream Price 100YEN。夢価格ですよ、と。

 

このようなさり気ない、でもよく見ると何かを主張してる自販機を色々見かけたのでご報告します。

地味ですが何卒よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

サイズの合ってない主張

 

f:id:oni-gawara:20161118090128j:plain

HAPPY PRICE ¥100の主張とは別に小窓へはボスの宣伝ポスターが入っていました。

 

f:id:oni-gawara:20161118090134j:plain

小窓とメーカーから提供されるポスターの寸法は必ずしも一致するわけではないようです。

仕方なく左詰めに配置した悩ましい様子がうかがえます。主張からそういった背景を考察するのも楽しいですね。

 

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161118090057j:plain

こちらは小窓のスペースが贅沢すぎてどうにもならないワンダ金の微糖。

左右へ寄せるでもなく、かといって中央の位置でもなく、とりあえず適当に入れておかれた雰囲気にどこか哀愁を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

忘れ去られし主張

 

サントリーの自販機。

小窓にはペプシのポスターが貼ってありました。

f:id:oni-gawara:20161115091328j:plain

クラッシュアイスの背景からキンキンに冷えたペプシを連想しますね。

 

f:id:oni-gawara:20161115091338j:plain

ただ商品のラインナップにペプシは1本も入っていませんでした。キンッキンに冷えたペプシ連想し損。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161115091347j:plain

こちらも広めの小窓でペプシを主張していましたが、ペプシは見当たらず。無いと思うと欲しくなる真理をついたサントリーの高度な戦略かもしれませんし、単にホットドリンクに追いやられてペプシが消えたただの悲しい無なのかもしれません。

 

 

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161115091522j:plain

「冷た~い」「ひんやり」「クールダウン」とこれでもかという冷たさの主張。現在11月後半、気温12度です。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161115091516j:plain

こちらは小窓のサイズが小さかったからなのか「冷た~いひんやりクールダウン」の冠を頭にかぶった自販機。下段端のホットコーヒー、肩身狭そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

所有者の主張

 

f:id:oni-gawara:20161115091458j:plain

丸亀製麺の店頭にありました。黒塗りボディに白文字が渋い。

f:id:oni-gawara:20161115091452j:plain

小窓にもがっつりうどんアピール。

お店の外観ともなじんでて一体感のある自販機でした。 

 

 

 

 

 整骨院前にあった自販機。

f:id:oni-gawara:20161118090103j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161118090110j:plain

皮膚の色みたいなピンクのボディ。

小窓には受付時間が表示されていました。なるほど実用的な使い方。

 

 

 

 

 

本屋さんの店頭にもありました。

f:id:oni-gawara:20161120204404j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161120204410j:plain

珍しいと思ってたんですけど、小窓に営業時間のご案内を出しておくパターンは割とスタンダードなんでしょうか。

私が言うのもなんですけど、自販機の小窓ってみんなそんなに見てる?

 

 

 

 

 

駐車場の近くの自販機。

f:id:oni-gawara:20161115091532j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161115091536j:plain

駐車場を・・・?

サイズ!と思いましたが、「駐車場を」の先を予想するのについ立ち止まってしまったので、案外良い作戦なのかも。

 

 

 

 

 

繁華街の路地にあった自販機。

f:id:oni-gawara:20161118090142j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161118090150j:plain

怒ってます。

コイン投入口にゴミを入れる奴はびっくりマーク2個使いで怒られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上です。

自販機の様々な主張を見ている内に、背景や表情がうかがえて不思議と情が湧いてきました。不器用な自販機ほど何だかとっても愛おしい。

これからも彼らの主張を見逃さないよう注目していきたいと思います。

 

 

 

それでは最後に私の一番好きな柄である伊藤園の自販機でお別れです。

 

f:id:oni-gawara:20161115091402j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161115091408j:plain

かわいい伊藤園の側面に美熟女のお手伝い募集を貼ったの誰ですか

婚活パーティーに行って婚活せずに帰ってきた話

婚活パーティのお誘い

 

友達の旦那さんから婚活パーティーのお誘いがありました。

婚活パーティー。テレビで観たことあるアレ。

番号を割り振られた男女がフォークダンスみたいな配置で、5分話しては次の人、ってローテーションしていくアレ?

自分には関係ないと思ってたあの世界。気になる、だけど怖い。

 

参加するかは置いといて、とりあえず詳細を聞いてみました。

まず会場は海浜公園内のバーベキュー場。想像したようなかしこまったお見合い形式ではなく、みんなでバーベキューで楽しみながら交流しましょうというスタンス。

参加者は設営スタッフの知り合いから募るから全くの他人はいないらしい。

 

いける。そういうことなら気張らずにいける気がする。自然に近い出会いだし、出会いがなかったらバーベキューへ逃げられるし。友達の旦那さんが設営している点もかなり心強い。逃げ道は多ければ多いほどいい!

こうしてチキンな私は逃げ道を確認した上で参加を決めたのでした。

 

 

 

 

 

会場に到着

 

 時間通り会場に着くと、どうやら私は1番乗りのようでした。

f:id:oni-gawara:20161115141347j:plain

10人ほどの設営のスタッフさん達は、テントを張ったり火を起こしたりと準備をしている最中です。

汗をかきながら一生懸命作業をするスタッフさん達の傍らで1人たたずむ私。

気まずくて死にそうになり準備のお手伝いを申し出ましたが、

「イスに座って何か飲んでてもらって大丈夫ですよ!」と優しいお言葉を頂きました。

 

 

f:id:oni-gawara:20161115141351j:plain

素直に座るも、すぐ起立。

1人イスに座ってグラスを傾けつつスタッフの汗を遠目から眺めてる女は100%結婚できないと思ったからです。

 

席を立ったものの本当にやることがなかったので、しばらく会場の背後に広がる林を眺めていました。

f:id:oni-gawara:20161115141420j:plain

 なるほど、なかなか茂ってる。

 

f:id:oni-gawara:20161115165329j:plain

 はいはい、ここがこう茂って、なるほどね。


(あ、これ間が持たないやつだわ)

と気づいたので、 今度は会場の前面に広がる運河に目をやります。

f:id:oni-gawara:20161115141406j:plain

河の向こうに東京モノレールが見えました。

 

 

足元に視線を落とせば岩場が。

f:id:oni-gawara:20161115141359j:plain

貝クズすごい!

(いや、貝クズすごいけどこれも間がもたないやつだわ)

ああでもないこうでもないと葛藤している中、ふと会場の方へ振り返ると

 f:id:oni-gawara:20161115141355j:plain

イスが増えて円陣になっていました。

こんなにも円陣なのはフルーツバスケット以来ですが、本当にこのイスの数ほど人は来るのでしょうか。

不安を抱えながらもまた貝クズでも数えようかと思っていた矢先、ようやく2人組の女性がいらっしゃいました。

やった!人だ!人がいるぞー!

 

 

 

 

パーティー開始


受付を済ませ、さっきいらした女性2人組とバーベキューの下ごしらえをすることに。

材料の下ごしらえを済ませていなかったのは、女性の料理する姿を男性陣にアピールする為にあえて、というスタッフさんの粋な計らいらしいです。

なるほど、と女子力をアピールするべく自ずと気合いも入ります。

しかし問題が発生しました。包丁が2本しかない。

1人当たり400グラムのお肉×参加者40人=お肉の総量16キロ。

いやいや、そんなわけないでしょ。16キロも肉を切る婚活パーティーってある?

なんて笑ってたんですけど、切っても切っても終わらない肉地獄に気が狂いそうになりました。

 f:id:oni-gawara:20161115141415j:plain


女3人が完全に肉地獄の使者と化していたので、せめて会話だけでも女子力高めでいかなければと思い、

「お肉ピンクでかわいい~やわらか~い」みたいなことを言いながらやりました。けっこう楽しかったです。


ようやく下ごしらえがひと段落つきそうなところで、ふと会場の方を見ると、すでに円陣のイスは埋まり男女の楽しそうな団らんは始まっていました。


うおおおお肉がかわいいなどと言ってる間に出遅れているー!

かなり焦りました。

急いで輪に入らないと!と思ったらイスが空いてねえええ!

こんなコントみたいなことってあるんですね。

急きょスタッフさん用のパラソルの席をお借りします。賑やかな男女の輪からは遠い、離れ小島のような席です。

肉地獄の使者3人でお肉をもそもそと頂きました。

これはこれで面白い状況ですが、他の2人が楽しく過ごせてるのかが心配になりました。


しかしお酒が入ると参加者が移動し始めたので、中盤からは色んな人とお話しできました。出だしはあれだったけどよかった。








色んな参加者たち

 

 

ラガーマンのような体格の40代男性

 

とにかく体と声がでかい人でした。(以下、ラガーマンと表記します。)

ラガーマンとの世間話の途中、

「俺、年収700万円くらいの一般的なサラリーマンだけど結婚相手的にはどうなのかな?!こんな俺、どう?!」

と会話は急展開。

 

( これが婚活ギャグなのかすごい)と思いつつ

「女性としては一般的なサラリーマンは一番安心なんじゃないですか!」

と無難な返事をしたら、

 

「じゃあ1年後に結婚してくれる?」とマジトーンのラガーマン

 

このラガーマンすごいトライしてこようとするじゃん・・・!

さらに結婚1年後に子を産んでほしいという生涯設計の発表もあり、たまらず逃げました。いや、なんなの?オフサイドすぎない?

 が、逃げた先でもラガーマンの熱いタックルにより連絡先交換は免れませんでした。

これが婚活というものなのだとまざまざと見せつけてくれた熱い人でした。

 

 

 

■特徴のない30代半ばの男性

 

ありがたいことに、後日ラインでごはんに誘って頂いたんですが、あまり乗り気になれずお断りの返事をしたら、

「10年ぶりに恋に落ちたのでショックです。気が向いたらでもいいのでお願いします。1年でも2年でも待ちます。」という旨の連絡を頂きました。


私のひねくれているところは、そう言ってもらってまず嬉しいというよりも、1回しか会ってない人に10年規模の大恋愛することってあるの?と思ってしまうところです。

 

彼のどこに私の何がぴったりきたんだろうと不思議だったので、パーティーでのやりとりを思い返してみましたが、

コンタクトがずれて左目を押さえてた彼に「左は守る、左側はまかせろ」としょうもない上に根底では微塵も気遣い出来てない声かけをしたことしか思いつきません。

10年間、ちょうど空いてた左側にがっちりハマったってことですか?どういうこと?

人の心は不思議だな。



 

 

■手相占いをする男性

 

うまいなぁと思ったのは、手相占いを趣味とする男性です。手相を見ながら自然とスキンシップを図れるし、パーソナルな会話も引き出せるし、何より女性は占いが大好きです。現に彼の前には占い待ちの行列ができるほど大人気。

面白そうなので私も占ってもらうと、幼い頃に人生の転機があったんじゃないですか?とのことでした。人生の転機、なんだろう。小学2年生の冬、親友のミワちゃんが引っ越していく時にぼのぼの全巻くれたことかな。あれすごい嬉しかったもんなぁ。

 

 

 

■次々と色んな人の口にぶどうを1粒放り込んでくる陽気なバーテンダーの男性

 

そのままです。なんだろう、パリピってこういう人のこと言うんだろうなって思いました。

 

 

 

 

参加してみての感想

 

そんな感じで色んな方と出会えた婚活パーティーでした。

参加してみて気づいたことは、婚活パーティーなめてたなぁという点です。みんな本気じゃん、と。いや、出会い目的の場なんだから本気で当たり前なんですけど、いざその輪の中に入ってみると自分との温度差を感じるというか。

私の婚活に対する心持ちが足りなかった気のかもしれません。あとちょっと面白さを追求するのが先行して、ときめきたさが遅れがちなのも原因だと思います。

今後、またこういう婚活の機会があったら、今回の反省を生かし、熱を持ってガンガンアピールしていきたいところです。男は星の数ほどいる!とか、数打ちゃ当たる!とか言いたい。

 

 

 

 

 

後日

 

最強に押しが強いラガーマンからラインが来ました。

プロフィールのアイコンが紅葉前でたそがれてる横顔のショット、背景がバーベルをあげてイキんでる姿だったので、面白すぎてブロックしました。超すいません。

 

 

 

以上です。 

ひとカラに行こう

ひとりカラオケって楽しいですよね。

私はよく行きます。週1ペースで7年間通っています。もう楽しいのか楽しくないのかよく分かりません。

 

さて、近頃はひとカラ人口が増え、さらにはひとカラ専門店も出来たりと、「ひとカラ=恥ずかしい」という風潮も昔に比べるとだいぶ薄くなってきているようです。

とはいえ、やっぱりひとカラはちょっぴり気恥ずかしい。鉢合わせた団体さんにクスクス笑われちゃう?店員さんに裏であだ名つけられちゃう?そんな不安もあるでしょう。でも安心して下さい。いくつかのポイントを押さえスマートにこなせば楽勝です。

仕事の後にさくっと1人でカラオケに行ければ、仕事でたまったストレスもあっという間に吹き飛びます。ああ、ひとカラってなんて素晴らしい。

 

というわけで、今回は7年間で培った経験を元に編み出した、ゴリゴリに偏ったひとカラマイルールをご紹介したいと思います。ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

1、お店選び

 

シダックスをおすすめします。理由は以下の3つです。

 

①毎週水曜日=レディースデー、毎週木曜日=メンズデー

ルーム料金2時間無料の日があります。会員であること、480円以上の飲食物のオーダーが必須、という条件付きですが、それでもお得ではないでしょうか。

 

②客層

シダックスは年齢層が高く落ち着いたイメージがあります。ルーム料金の安い歌の広場やカラオケの鉄人は、学生の団体とか急に他人の部屋に突入してきそうな恐い輩で溢れている(という偏見を持っている)ので、避けておきましょう。

 

③清潔感

歌広カラ鉄って何でいつも床がベタついてるんですか?その点シダックスの床はサラッサラなので安心です。

 

 

 

 

2、入店と受付

 

おそらく一番の関門ではないでしょうか。

ただここさえ乗り越えてしまえばあとは楽勝です。勇気を振り絞って受付をしましょう。

店員さんとの会話はなるべく少ないキャッチボールで済ませるのがポイントです。下記の5点を簡潔に店員さんに伝えます。

①会員証を提示

②利用人数は1人

③メンズデー又はレディースデーを利用

④希望機種

⑤ワンオーダーする品物

 

※④希望機種が特にない場合は、禁煙(又は喫煙)で空いてる部屋を指定するといいかもしれません。希望機種がある場合は、「えーっと・・・」と前置きを入れ素人感を出すのもベター。

※⑤部屋からでも注文は出来ますが、入店前にあらかじめ頼みたいメニューを決めておき、受付時に注文します。

 

 

 

 

3、入室

 

部屋にさえ入ってしまえばもうこちらのものですが、少しだけ待ってください。事前準備を済ませましょう。

 

f:id:oni-gawara:20161113225344j:plain

①空調のスイッチをオフにする。

カラオケの空調って部屋の広さに見合わず仰々しくないですか?暑いか寒いか喉が乾燥するかのどれか。または全部。ならいっそ空調は切ってしまいます。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161113225350j:plain

②のど飴をテーブルの上にスタンバイ

おすすめは浅田飴ガードドロップです。すぐに食べ終えるひと粒あたりのサイズ感、そこそこ高いのど飴への信頼感。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161113225324j:plain

③シワになる心配のない上着は無造作にソファーにかける。

 

f:id:oni-gawara:20161113225335j:plain

④バッグ、マフラー等も適度に散らかす。

外から部屋の様子が見えた時に、1人だということを悟らせない為のカモフラージュです。

そうこうしている内に受付で注文した飲み物が到着しました。この準備の時間に来るのがベストタイミング。ドリンクを運んできてくれた店員さんに歌っているところを見られて切腹せずに済みます。

この日はホットティーと、同時にお冷をお願いしました。これも1人悟らせずカモフラ。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161113225407j:plain

⑤電気を消し暗闇に身を溶かす。

いよいよリサイタル開演です。好きに歌いましょう。同じ曲を何度入れても良し、歌えなかったら演奏停止しても良し。

 

f:id:oni-gawara:20161113225539j:plain

1曲目にゆずの初期のアルバム曲を入れても何の問題なし。場の空気とかないから。あえてハモりパートを歌ってもいい。

 

 

 

 

4、色々遊んでみよう

 

機種に搭載されている色んなコンテンツで遊んでみても楽しいです。

 

f:id:oni-gawara:20161113225444j:plain

歌唱指導が気になったので、試しに「基本編」を選択したところ

 

f:id:oni-gawara:20161113225452j:plain

TRFっぽい人が10分間ストレッチをする映像を見て終わりました。びっくりした。

 

 

 

個人的によく遊ぶのは分析採点系のコンテンツです。

f:id:oni-gawara:20161113225500j:plain

音程やタイミング、ビブラートなんかを細かく分析し、さらに自分の声域に合った曲をおすすめしてくれます。これ友達にやられたらめちゃくちゃうざいですね。

 

f:id:oni-gawara:20161113225517j:plain

歌ってる最中は画面上に音ゲーのようなスコアが流れてくるので、タイミングや音程を確認しながら歌えます。

美味しんぼのDang Dang気になるはどうしても1テンポ置いてリキが入ってしまいます。

 

こちらは歌い終えた後の評価画面。

f:id:oni-gawara:20161113225652j:plain「あなたの声は人を酔わせます」

「よせやい!照れる!」

というような茶番も出来るので、寂しいひとカラにとって強い味方でもあります。

 

 

 

 

5、退室、精算

 

退室予定時間10分前になると、フロントからインターホンでお知らせがくると思いますが、歌っている途中だとコール音に気づかないことがあります。

私は気づかずに大熱唱していたら、直接部屋に店員さんが入ってきて10分前を告げられ吐血しそうになったので、余裕を持って15分前に退室します。

部屋を出る前に確認したいのは、採点系のコンテンツを終了させ、独自の音量バランスは初期値に戻し、テーブルの上も適度に片づけておくことです。

良客アピールになります。いかに良客であり、いかに印象に残らないかが今後ひとカラに通うにあたって重要になるからです。

 

最後にフロントで精算になります。1秒でも早くシダックスから脱出する為に、小銭、少なくとも千円札を用意しておきます。

お釣りの受渡しの際はサービス券やレシートなどの紙類で手元がわちゃわちゃしタイムロスになるので、小声で「おつりだけでいいです。」と告げたら完了です。

小銭を握りしめて一目散に帰ってください。

 

 

 

以上です。

入店から退店までのポイントを書かせて頂きました。

他にもカラオケの機種や選曲、歌う時に最適なドリンクなど、マイルールは個々の好みによって増えていくと思います。そのこだわりを極めていくのもひとカラの醍醐味ではないでしょうか。

行ったことのない人も是非チャレンジしてみてください。シダックスが潰れる前に。

ひとりで渓谷へ行って死んだ話(2)

続きです。

 

それでははりきってハイキング行ってみましょう。

f:id:oni-gawara:20161108105338j:plain

同じツアーのお客さん達はいつの間にかばらばらに、自分のペースで散策スタートです。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161108105355j:plain

本体よりも広告の方が目立ってる山之神

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161108105346j:plain

注意喚起の標語を詠む賢いリス。かわいい。

 

 

写真を撮りながらゆっくり歩きます。

緑の中を歩くのはとても清々しく、整備された遊歩道は歩きやすいし、バスから降りた時の絶望はどこかへ行ってしまいました。

 

f:id:oni-gawara:20161108105401j:plain

f:id:oni-gawara:20161108105428j:plain

滝や川にいちいち感動します。

すんごい癒してくるマイナスイオンもどうにかしてビニール袋に入れて持って帰りたい。

 

 

30分ほど歩いたところで、今は使われていない山荘がありました。古びた外観が何とも味わい深いです。

f:id:oni-gawara:20161108105435j:plain

 

 

 

山荘を過ぎると橋に差しかかりました。

f:id:oni-gawara:20161108105453j:plain

橋としての若干の頼りなさもまたアトラクションとしてのスパイス、揺れる揺れる、楽しい超楽しい。

 

 

橋を渡り終え、歩みを進めていたところで気づきました。

f:id:oni-gawara:20161108105509j:plain

整備された遊歩道が消えたことに。

 

 

そんな中、向かいからおじさんが1人歩いてきました。すれ違った時の挨拶をきっかけに、おじさんと少し立ち話。

遠くの県からハイキングに来たこと。今日はあいにくの天気であること。この先には素晴らしい景色が待っているということ。転落事故が多いこと。今日も誰かが落ちて死亡事故とかなんとかってこと。「なんか無理だから今日は引き返して帰るわ」ということ。

ばばばーっとひと通り喋り、最後に不吉なことを言い残して笑顔で去っていったおじさん。

不幸おじさん、そう命名することにしました。

 

 

不幸おじさんに出会ってから、道はすっかり登山道に。

f:id:oni-gawara:20161108105537j:plain

濡れぬかるんだ道はかなり滑りやすく、慎重に足を前に出さないと転びそう。 

 

f:id:oni-gawara:20161108105546j:plain

断崖のように切り立った道から身を乗り出し、下の様子をうかがうと、深い青色の川が見えました。雨で増水した川は低い音で唸りながら勢いよく下流へなだれ込んでいます。

もしあそこへ落ちたら一瞬で流されるんだろうな・・・(頭をちらつく不幸じじいの笑顔)

 

 

徐々に、というか露骨に道が険しくなってきました。

脇のロープを掴んで登るタイプのかなり傾斜のある道です 。

f:id:oni-gawara:20161108105619j:plain

 右手にカメラ、左手に傘、じゃあロープは?という問題発生。

さらに着ていた雨カッパの裾が長く、足を大きく前に出して登ると裾を踏んでしまうことも発覚。

圧倒的に手が足りない、だけど今ある手の本数で何とかしないといけない。試行錯誤の上こうなりました。

 

 

f:id:oni-gawara:20161109175420j:plain

 

二兎負う者は一兎をも得ず、カメラとカッパとカサとロープ全て持とうとする者は死す。

結果びしょ濡れになったし、握力はゼロになりました。ついでに大腿筋は軋み、ふくらはぎは破裂し、膝の皿も砕け散りました。

 

 

 

ここにきて自然の恐ろしさを知らしめられましたが、忘れないでほしい。今は楽しいハイキング中。疲れたら途中にいくつもある名滝を眺めて癒したらいいんです。

 

f:id:oni-gawara:20161108105516j:plain

丸太の階段の先に大久保の滝を臨む展望台があるようだったので、死んでいる足に活を入れ階段を上ります。

 

 

 展望台からの眺め

f:id:oni-gawara:20161108105523j:plain

遠い、遠いよ。癒しが薄いよ。ゾーマにこごえるふぶきくらった後のホイミだよ。

 

 

 

満身創痍を誤魔化しながら、限りなく登山に近いハイキングを進めます。

f:id:oni-gawara:20161108105749j:plain

 同じツアーのお客さんたちに追いつきました。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161108105813j:plain

もしも川へ滑り落ちたら助けてくださいね、という思いを胸に追いかけます。

ストーカーしながら、ひとりだと気楽でいいけど遭難のことを考えると同行者いた方がいいよなぁ、なんて思ったり。

 

 

2時間半ほど歩いて、ようやくゴール付近の滝に到達しました。

七ツ釜五段の滝です。

f:id:oni-gawara:20161108105841j:plain

今までの苦労はこの滝の前振りだったんだ。素晴らしいよ滝。ただただ感動。来てよかった・・・。

 

 

 

感動の滝を後にし、終点まで100mの看板が現れました。

f:id:oni-gawara:20161108105905j:plain

 ゴール目前の気配にテンションが上がります。あと100m!

 

なんて喜んだ瞬間もありましたが、今回ここが一番の山場でした。

標高差60mを100mの距離で登るとなると、階段1段あたりの高さがかなりえぐく、手を使ってよじ登るような階段。

登り終える頃には乳酸値3兆mg/dlほどをたたき出していたと思います。

 

 

 

死にそうになりながら、終点でチョコタイム。

f:id:oni-gawara:20161108105937j:plain

世界中のショコラティエを招集してもこのチョコを超えるものは作れないだろう。っていう位美味しい。

その感動は七ツ釜五段の滝、100段分くらいに相当しました。

 

 

 

 

終点からはもう下るだけかと思いましたが、10分ほど歩いたところで大展望台を発見。

 

f:id:oni-gawara:20161108110029j:plain

 

 

f:id:oni-gawara:20161108110037j:plain

 案内板によると色々な山脈を見渡せるようです。

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161108110045j:plain

 うん。知ってた。案内される前から分かってた。世界は白いってこと。

 

 

 

 

展望台からはなだらかな道をひたすら下りました。元々、運搬用のトロッコが通っていた道らしいです。

 

f:id:oni-gawara:20161108110016j:plain

 

 

足元がすけすけの橋が多くかかっていて面白かったです。

f:id:oni-gawara:20161108110000j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161108105947j:plain

下りはFPS視点ブームだったみたいです。

 

 

 

 

道名の由来の看板を見かけました。「ひこいっちゃんころばし」変な名前。

f:id:oni-gawara:20161108110020j:plain

沢から転落した彦一さんの身を誰も案じてない感じがひしひしと伝わってくるポップなネーミング。かわいそう。

 

 

帰りは70分程かかる道のりでしたが、雨で体が冷えて凍え死にそうだったので小走りで下ったら40分でふもとまで戻ってこれました。

バスの出発までの余った時間で近くのお店で暖をとることに。

 

 

f:id:oni-gawara:20161108110119j:plain

 

f:id:oni-gawara:20161108110139j:plain

果たして全国のおもしろいこんにゃく200種類を取りそろえる蒟蒻館に暖は存在しているのか。

 

 

 

結論的には蒟蒻館に暖はありませんでしたが、こんにゃくだいこならありました。

なんと皮面がこんにゃくで出来ているとか。

f:id:oni-gawara:20161108110145j:plain

 

 

 

f:id:oni-gawara:20161108110152j:plain

ズッタズタだー!

って思わずテンションが上がりました。体あったまった気がする。

 

 

 

思わぬ熱い出会いを果たし、バスに戻りました。

 

 

 

ツアーのラストは温泉で締めです。

f:id:oni-gawara:20161108110201j:plain

疲れた体に染みわたる大変いい湯でございました。全身生き返った。

 

 

 

バスの出発時間まで温泉施設を散策。

こういうところのお土産屋さんとかお食事処のメニューとか見るの楽しいですよね。

 

f:id:oni-gawara:20161108110210j:plain

お食事処は人気らしい。

 

 

お食事処店内の様子

f:id:oni-gawara:20161108110216j:plain

え、こわい話?見えないだけで本当は居るんです、みたいなこと?黄泉の国のお食事処?

 

 

 

 

 

 

以上です。 

このハイキングで死んだり生き返ったり黄泉の国に迷いこんだりもしましたが、まとめるととても楽しかったです。懲りずにまた行こうと思います。